群馬県にある草津温泉は、日本有数の温泉地として宿泊だけでなく日帰り温泉も楽しみに、日本国内や海外から多くの観光客が温泉に浸かりに訪れています。

温泉地で楽しみなのは温泉と美味しい食べ物でしょう。

日頃の疲れを癒しに来る観光客のために、草津温泉をより楽しむための散策しながら食べ歩きにもってこいの名物グルメと、行列ができるほど人気のあるおすすめランチの店を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

山びこ温泉まんじゅう

まず1軒目に紹介するのは、山びこ温泉饅頭です。

草津温泉街にある山びこ温泉饅頭は、1つ80円の山彦まんじゅうや、1つ150円のあげまんじゅうが人気です。

あげまんじゅうとは、山彦まんじゅうの天ぷらですが、衣には4種の隠し味が仕込んであり、隠し味の1つ黒ごまが良いアクセントになっています。

温泉街をブラブラしながら食べ歩きするように箱売りはしていないとのことです。

また、名物グルメとしてあげまんじゅうファンの人にと、1日数個の限定品として1つ300円の大あげまんじゅうがあります。

あげまんじゅう4個ぶんのあんぱんサイズで、2人や3人で分けあって食べるのにちょうど良いですね。人気商品とあって午前中には売り切れてしまうので、どうしても食べてみたいという方は予約するといいそうです。

営業時間は8:30からですが、あげまんじゅうは9:00からの販売となります。食べ歩きにはもってこいの1品ではないでしょうか。

頼朝 草津温泉

2軒目に紹介するのは、頼朝です。

漬物などのお土産を取り扱っている頼朝ですが、おすすめ商品は温泉たまごです。

カップに入った1つ110円の温泉たまごは食べ歩きに最適と店の宣伝にもなっています。

温泉地の名物グルメとしては定番といっても良いでしょう。お土産として買うよりも買ってすぐに食べられるカップ入りの温泉たまごを買い、店の前にあるベンチに座って湯畑を見ながら食べるのが人気のようです。

また、足湯に浸かりながらの温泉たまごはいかにも温泉地という感じで、より一層美味しく感じるのではないでしょうか。

朝9:00から開店しているので、食べ歩きで楽しんだ温泉たまごを家でも食べたいと思ったら、帰りに10個入り950円の箱入りを買えばまたお土産話しに花が咲くでしょう。

やきとり静

3軒目に紹介するのは、やきとり静です。

名前の通りやきとり屋なのですが、テイクアウト専門で店内での飲食はできません。

名物グルメのやきとり静は、営業時間が15:00から22:00までなので、夜の温泉街を散策しながら食べるのも良いですし、夜に小腹が空いたときなどは徳用盛り合わせなど買って宿に帰ってお酒のおつまみにしても良いですね。

メニューはねぎまやレバー、ハツなど10種類あり、値段はほとんどが1人前2本で350円です。

人気の手羽先は1串450円、なんこつ入りつくねは2本450円です。

暖かい日などはビールなど買って湯畑広場などでベンチに座ってゆったり湯畑を眺めながら楽しむ人が多いようです。


スポンサーリンク

やきとり静は匂いに誘われた客でいつも行列ができるほどの人気店なので、売り切れ次第閉店となってしまうとのことです。また水曜日が定休日となっています。

どんぐり 草津温泉

4軒目に紹介するのは、どんぐりです。

草津温泉にあるおしゃれな洋食屋さんです。

温泉街というと郷土料理屋、蕎麦屋や居酒屋などが多いイメージがあるのですが、どんぐりは行列のできる洋食屋として、ハンバーグやカレー、パスタどれもが美味しいと評判が高いです。

湯畑からは少し離れていますが、口コミを見ての来客が多いようです。人気のメニューは、どんぐり風ハンバーグ1080円ですね。

ミートソーススパゲティ860円や、カレーライス860円、ビーフシチュ−1720円なども人気メニューです。

ランチは11:30から15:00です。水曜日が定休日になっているので土日のランチは行列ができるほど人気があります。

ディナーの予約はできるのですが、ランチは予約できないそうなので、開店時間前から待っているお客も多いようです。駐車場も広いので車での来店も心配ないです。

柏香亭 草津温泉

5軒目に紹介するのは柏香亭です。

草津温泉街でも人気のあるそば屋です。

湯畑の近くにあり、創業明治28年と老舗のそば屋は100年以上の歴史があるということで行列ができるほどの店です。

11:00から17:00までの営業時間ですが、途中麺打ちのために準備中になることもあるそうです。

人気のそばは、もりが650円、ざるが750円。かけが550円とリーズナブルな価格になっています。

おすすめはそばだけでなく舞茸の天ぷら3ヶ500円です。

人気の店とあって、開店前から待っている客が多く、行列の待ち時間は土日のランチ時などは1時間くらいかかるとのことです。平日でも30分40分待つこともあるそうです。木曜日が定休日となっています。

群馬県の名産である舞茸の天ぷらにそばの組み合わせは行列に並んででも食べる価値があるとのことです。

まとめ

群馬県にある草津温泉の、湯畑を眺めながらの散策は風情がありますね。

草津の名物グルメを楽しみながらの散策はより楽しめるのではないでしょうか。

食べ歩きにもってこいの山びこの温泉まんじゅうや頼朝の温泉たまご、夜はライトアップされた温泉街で食べるやきとり静の焼き鳥など、観光客に人気があります。

食べ歩きだけでなくランチを楽しみたいという時には洋食屋のどんぐりやそば屋の柏香亭などおすすめです。

日本有数の温泉地である草津温泉は、湯だけでなくグルメも楽しめるということで人気があることがよくわかりました。

草津温泉 人気お土産ランキング


スポンサーリンク