窪田正孝の腹筋や筋肉なら雑誌に出れる?ドラマラストコップでも活躍

今最も勢いのある俳優窪田正孝さんの腹筋がすごいとテレビ番組でも話題になっていますね。

筋肉と顔つきとのギャップが激しいので尚更女性ファンからの評判も良いのかもしれません。

窪田正孝さんが載ってる雑誌では腹筋や筋肉などあまり見ないので、痩せているイメージしかないのですが、ドラマや映画ではアクションもこなしているので、鍛えてるのでしょうか。

ラストコップやガチバンなど人気映画で活躍する窪田正孝さんの筋肉について調べてみました。

スポンサーリンク

窪田正孝さんの腹筋や筋肉なら雑誌に出れるのか?

最近ドラマや映画に多数出演し、映画の番宣でバラエティ番組でもよく見る窪田正孝さんですが、以前よりも明るくなりキャラが変わったと言われていますね。

ドラマ「ラストコップ」で俳優の唐沢寿明さんと共演したことでかなり影響を受けたようです。

プライベートでもよく一緒に食事をするなど、唐沢寿明さんに一生ついていきたいと言うほど俳優の先輩として尊敬していることがわかりますね。

「ラストコップ」で今まで演じたことのない役を演じたことも明るくなったきっかけと言われていました。

以前はバラエティ番組などに出演した時に喋りすぎて疲れてしまったけれど、最近は自分のペースで話すようになりたくさん話しても疲れなくなったと言っています。

映画などの番宣が多いのですがバラエティ番組にも多数出演し、話している時などはとても楽しそうですね。

優しい顔に色白で細身の体つきをしているので、不健康のイメージが強かった窪田正孝さんですが、実はとても筋肉質で腹筋もかっこよく割れているのです。

服を着ていると細身の体で全然わからないのですが、脱ぐとすごいんです。とばかりに、マッチョ系の体つきをしているのです。まさに細マッチョですね。

しかも驚いたことに、ジムなど嫌いで筋トレはしていないというのです。それにダンスがとにかく上手いのです。

柔らかな体を生かしたポッピンダンスをテレビで披露していましたが、反響が大きくネットでも大きく話題になっていました。

顔もよく、ダンスが得意の上にマッチョ系の体を持ち、家事も得意で、なんと歌も上手いという窪田正孝さんなので、嫉妬されるぐらいハイスペックすぎるでしょう。

今最も勢いのある俳優といっても過言ではない窪田正孝さんの腹筋や筋肉など雑誌に載ったら売り切れ続出しそうですね。

窪田正孝

窪田正孝さんはドラマラストコップや映画ガチバンでも活躍!

現在放送中のドラマ「僕たちがやりました」や、2017年7月29日から上映する話題の映画「東京喰種トーキョーグール」に出演し、バラエティ番組にも多数出演している窪田正孝さんは、実は洗濯や掃除の仕方にもこだわりがあるそうです。料理も以前はあまりしなかったそうですが、最近少しずつ自炊するようになったと、家事全般できる男性として好感度もより高くなっています。

年上の女性からは守ってあげたいと思う顔つきをしているのですが、実は割れた腹筋に腕の筋肉もムキムキ、服を脱ぐとわかるマッチョ系の体格はギャップが激しく、守られたいとつい思ってしまいますね。

映画「ガチバン」シリーズに出演し派手なアクションシーンも多いのですが、映画化されたドラマ「ラストコップ」ではコメディーながらもアクションありで、窪田正孝さんの身体能力が生かされていました。

以前は「花子とアン」での朝市役や、「ST警視庁科学捜査班」での黒崎勇治役、「Nのために」の成瀬慎司役、「デスノート」での夜神月役など、おとなしい役や影のある役が多かったので、「ラストコップ」の望月亮太役が転機になったかもしれません。

映画「ガチバンMAX」ではまだ21歳で、デビューして4年目ということで演技も若さの方が勝っていたのですが、それからの数多いドラマや映画への出演で演技の幅も大きく、カメレオン俳優と知名度も上がっていきましたね。

まとめ

少年のような笑顔で、バラエティ番組に出演している時に一生懸命さが伝わる話し方が印象的な俳優窪田正孝さんは、最近明るくなったとバラエティ番組に出演した時に言われていましたが、ドラマ「ラストコップ」での役で転機を迎えたのかもしれません。

共演した先輩俳優唐沢寿明さんに影響を受け、自分に無理せず自然体で表現するようになったのかもしれませんね。

ネットでも話題になっているのは、優しい顔をしながらも割れた腹筋と、筋肉質の体型をしているということです。

雑誌ではあまり見られない腹筋ですが、映画「ガチバン」のポスターでの筋肉美はすごいとしか言えません。

演技やダンス、歌の評判も高い窪田正孝さんはこれからも色々な役に挑戦し、良い演技をする俳優として活躍していくでしょう。


スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました