2018年夏最新の甲子園優勝候補ランキングを紹介します。

第100回は史上最多の56校が出場。2018年8月5日~2018年8月21日(火)の17日間の予定となっています。

センバツ優勝の大阪桐蔭、準優勝の智弁和歌山、横浜、木更津総合、創成館など優勝予想となります。

スポーツ紙を元にランキング形式でまとめてみました。


【2018年最新】スポーツ紙|Aランク評価 甲子園優勝候補

スポーツ紙のAランク評価を一覧にまとめてみました。

大阪桐蔭(北大阪)、横浜(南神奈川)、木更津総合(東千葉)はスポーツ紙4社が全てA評価です。3社は智弁和歌山(和歌山)になります。

スポーツ紙比較

高校名 スポニチ スポーツ報知 日刊スポーツ サンケイスポーツ
大阪桐蔭(北大阪)
横浜(南神奈川)
木更津総合(東千葉)
智弁和歌山(和歌山)
星稜(石川)
創成館(長崎)
聖光学院(福島)
花咲徳栄(北埼玉)
広陵(広島)
作新学院(栃木)
龍谷大平安(京都)
浦和学院(南埼玉)
明石商(西兵庫)
仙台育英(宮城)
前橋育英(群馬)
報徳学園(東兵庫)

スポニチ

  • 聖光学院(福島)
  • 作新学院(栃木)
  • 木更津総合(東千葉)
  • 横浜(南神奈川)
  • 大阪桐蔭(北大阪)
  • 智弁和歌山(和歌山)
  • 龍谷大平安(京都)
  • スポーツ報知

  • 聖光学院(福島)
  • 花咲徳栄(北埼玉)
  • 浦和学院(南埼玉)
  • 木更津総合(東千葉)
  • 横浜(南神奈川)
  • 星稜(石川)
  • 大阪桐蔭(北大阪)
  • 明石商(西兵庫)
  • 智辯和歌山(和歌山)
  • 広陵(広島)
  • 創成館(長崎)
  • 日刊スポーツ

  • 木更津総合(東千葉)
  • 横浜(南神奈川)
  • 星稜(石川)
  • 大阪桐蔭(北大阪)
  • 智弁和歌山(和歌山)
  • 創成館(長崎)
  • サンケイスポーツ

  • 仙台育英(宮城)
  • 前橋育英(群馬)
  • 花咲徳栄(北埼玉)
  • 木更津総合(東千葉)
  • 横浜(南神奈川)
  • 大阪桐蔭(北大阪)
  • 報徳学園(東兵庫)
  • 広陵(広島)
  • 【ランキング1位】大阪桐蔭|春夏連覇を目指し昨年の雪辱へ

    大阪桐蔭は春の選抜、春の大阪、近畿大会で優勝し、大阪では16年秋から37連勝を記録しています。17年春から5季連続で優勝。大阪でも圧倒的な強さをみせています。

    2018年夏の大会では、準々決勝では金光大阪に1点差、準決勝では履正社に相手に9回2死ランナーなしから大逆転勝利で底力をみせました。決勝では大阪大会の最多得点を更新する23得点で桑田真澄氏、清原和博氏をようしたPL学園の記録を上回りました。

    根尾昂選手は投手・内野手・外野手ができる万能選手。投手としてもMAX148キロ、俊足、長打力を兼ね備えた選手。2年連続の選抜の優勝投手でもあります。成績も優秀のようです。

    藤原恭大選手は、春の選抜、夏の北大阪大会では4番。決勝の大阪学院大戦では6安打6打点と大活躍しています。外野の守備能力も高く、高校屈指の実力です。

    大阪桐蔭のエースナンバーの投手の柿木蓮は、MAX148キロのストレートで押すタイプ。昨年の夏の甲子園での仙台育英戦ではサヨナラ負けしているのでリベンジしたいと思っているでしょう。大阪大会決勝では完投しています。

    大阪桐蔭では以上の3選手がプロ注目の選手となりますが、主将の中川卓也選手、山田健太選手など実力がある選手がいるので優勝候補No,1ではないでしょうか。

    根尾昂選手の彼女は大阪桐蔭?グローブのメーカーや球速・球種は?

    藤原恭大選手の彼女や怪我の状態は?兄は焼き鳥屋で働いてる?

    柿木蓮投手の最速球速や球種は?グローブのブランドは?佐賀出身なのか?

    中川卓也選手はベースを蹴られる?

    【ランキング2位】横浜|松坂大輔選手以来の20年ぶりの優勝を狙う

    横浜高校は松坂大輔選手がいた時から20年間優勝から遠ざかっています。

    2018年の甲子園予選の準決勝の星槎国際湘南は1点差と接戦でしたが、決勝の鎌倉学園戦では試合を有利に進め勝利しました。

    注目選手はコンゴの父を持つ万波中世選手になります。高校通算ホームランを40本放っていて鎌倉学園戦でも特大ホームランを打っています。

    エースナンバーの板川佳矢選手や最速152キロの及川雅貴選手(2年)、元U-15度会隆輝選手(1年)など戦力としては十分です。

    度会隆輝選手の父親は元ヤクルトの度会博文氏になります。

    大阪桐蔭は大本命になりますが、横浜高校には大阪桐蔭にストップをかけられる選手がいるので対戦したら面白くなると思います。

    【ランキング3位】木更津総合|注目選手は野尻幸輝選手

    千葉県の夏の甲子園予選では圧倒的な力で勝利をしてきました。

    ドラフト候補の野尻幸輝選手は夏の予選の準決勝の東海大市原望洋戦ではサイクルヒットと投手としても活躍。決勝の成田戦でも2安打と活躍した。

    木更津総合の投手は、白井竜馬選手、根本太一選手(2年)、篠木健太郎投手(1年)など総合力があります。

    【ランキング4位】智弁和歌山|大阪桐蔭にリベンジへ

    智弁和歌山は2018年の選抜高校野球の準優勝校です。

    夏の甲子園予選では準決勝までゴールドゲームで4試合連続で2桁の得点。決勝はサヨナラ勝ちしています。チーム打率は.410と強打の智弁和歌山打線。

    選抜の決勝と近畿大会決勝では大阪桐蔭に負けていますので、夏の甲子園ではリベンジしたいでしょうね。

    ドラフト候補の林晃汰選手は、高校通算49本と長打力がありますが、4番の文元洸成選手とのコンビは全国でもトップクラスの破壊力があります。

    黒川史陽選手(2年)、細川凌平選手(1年)など打線には注目して下さい。

    【ランキング5位】創成館|投手力が最強

    選抜高校野球ではベスト8の成績の創成館。

    長崎予選では投手陣の継投で勝ち進んでいます。総失点が3と1試合で取られた最大の失点も1と投手力があります。

    エースナンバーの川原陸選手、酒井駿輔選手、戸田達也選手、伊藤大和選手、七俵陸選手、佐藤泰稀選手の6人も投手がいます。

    甲子園でも継投すると思うので、投手に注目してみると面白いと思います。

    【ランキング6位】星稜|石川県大会では無失点で優勝

    星稜は石川県大会では無失点で優勝しています。

    決勝では22得点で南保良太郎選手3本塁打 竹谷理央選手4本塁打を放って圧勝しています。5試合で53得点と打線が魅力的。投手陣も無失点と安定しています。

    エースの奥川恭伸選手や元U-15寺西成騎選手、内山壮真選手と注目選手がたくさんいます。

    星稜史上最強のチームではないでしょうか。

    打率ランキング|4割以上は9チーム

    打率ランキング1位は、奈良大附属で4割以上は9チームです。

    順位 チーム名 打率
    1位 奈良大附属 458
    2位 龍谷大平安 457
    3位 大阪桐蔭 446
    4位 広陵 426
    5位 八戸学院光星 410
    5位 近江 410
    5位 智弁和歌山 410
    6位 二松学舎 404
    7位 高岡商業 401

    ホームランランキング|10本塁打は星稜・折尾愛真

    ホームランランキング1位は、星稜・折尾愛真になります。

    順位 チーム名 ホームラン数
    1位 星稜 10本
    1位 折尾愛真 10本
    3位 愛工大名電 9本
    3位 八戸学院光星 9本
    5位 羽黒 8本
    5位 中央学院 8本
    7位 作新学院 7本
    7位 創志学園 7本
    9位 前橋育英 6本
    9位 日大三 6本
    9位 慶応 6本
    9位 常葉大菊川 6本
    9位 奈良大付 6本

    ホームランランキング|30盗塁以上は浦和学院

    ホームランランキング1位は、星稜・折尾愛真になります。

    順位 チーム名 ホームラン数
    1位 浦和学院 30
    2位 常葉菊川 26
    3位 龍谷大平安 24
    3位 広陵 24
    5位 横浜 22
    5位 鳥取城北 22

    安打数ランキング|100安打以上は愛工大名電

    安打ランキング1位は、愛工大名電になります。全チーム最多安打の106本です。

    順位 チーム名 安打数
    1位 愛工大名電 106本
    2位 中越 88本
    3位 大阪桐蔭 86本
    4位 広陵 84本
    5位 土浦日大 78本
    6位 横浜 77本
    7位 奈良大付 76本
    8位 龍谷大平安 75本
    8位 前橋育英 75本
    10位 二松学舎大付 74本
    11位 常葉大菊川 73本
    11位 愛産大三河 73本
    13位 浦和学院 72本
    13位 木更津総合 72本
    13位 慶応 72本
    16位 東海大星翔 71本
    16位 北照 71本
    18位 仙台育英 70本
    18位 聖光学院 70本

    盗塁数ランキング|30盗塁以上は浦和学院

    盗塁数ランキング1位は、星稜・折尾愛真になります。

    順位 チーム名 盗塁数
    1位 浦和学院 30
    2位 常葉菊川 26
    3位 龍谷大平安 24
    3位 広陵 24
    5位 横浜 22
    5位 鳥取城北 22

    失点数ランキング|失点0の1位は星稜

    失点数ランキング1位は星稜です。

    順位 チーム名 失点数
    1位 星稜 0
    2位 創成館 3
    2位 龍谷大平安 3
    4位 創志学園 4
    5位 花咲徳栄 5
    6位 下関国際 5

    失策ランキング|エラー数0の1位創志学園

    失策ランキング1位は、創志学園になります。

    順位 チーム名 失策数
    1位 創志学園 0
    2位 創成館 1
    2位 報徳学園 1
    2位 興南 1
    2位 八戸学院光星 1
    2位 羽黒 1

    与四死球数ランキング|1位は近江

    与四死球数ランキング1位は近江です。

    順位 チーム名 与四死球数
    1位 近江 4
    2位 星稜 6
    3位 大阪桐蔭 7
    3位 報徳学園 7
    3位 羽黒 7
    3位 山梨学院 7
    3位 下関国際 7
    3位 高知商業 7

    2018年夏の甲子園出場校一覧|全56校

    2018年の夏の初出場校は、中央学院(西千葉)、白山(三重)、明石商(西兵庫)、奈良大付(奈良)、折尾愛真(北福岡)、沖学園(南福岡)の6校になります。

    都道府県 高校名 出場回数
    北北海道 旭川大 9年ぶり8回目
    南北海道 北照 5年ぶり4回目
    青森 八戸学院光星 2年ぶり9回目
    岩手 花巻東 3年ぶり9回目
    秋田 金足農 11年ぶり6回目
    山形 羽黒 15年ぶり2回目
    宮城 仙台育英 2年連続27回目
    福島 聖光学院 12年連続15回目
    茨城 土浦日大 2年連続4回目
    栃木 作新学院 8年連続14回目
    群馬 前橋育英 3年連続4回目
    北埼玉 花咲徳栄 4年連続6回目
    南埼玉 浦和学院 5年ぶり13回目
    東千葉 木更津総合 3年連続7回目
    西千葉 中央学院 初出場
    東東京 二松学舎大付 2年連続3回目
    西東京 日大三 5年ぶり17回目
    北神奈川 慶応 10年ぶり18回目
    南神奈川 横浜 3年連続18回目
    山梨 山梨学院 3年連続8回目
    新潟 中越 2年ぶり11回目
    長野 佐久長聖 2年ぶり8回目
    富山 高岡商 2年連続19回目
    石川 星稜 2年ぶり19回目
    福井 敦賀気比 3年ぶり8回目
    静岡 常葉大菊川 2年ぶり6回目
    東愛知 愛産大三河 22年ぶり2回目
    西愛知 愛工大名電 5年ぶり12回目
    岐阜 大垣日大 2年連続5回目
    三重 白山 初出場
    滋賀 近江 2年ぶり13回目
    京都 龍谷大平安 4年ぶり34回目
    北大阪 大阪桐蔭 2年連続10回目
    南大阪 近大付 10年ぶり5回目
    東兵庫 報徳学園 8年ぶり15回目
    西兵庫 明石商 初出場
    奈良 奈良大付 初出場
    和歌山 智弁和歌山 2年連続23回目
    岡山 創志学園 2年ぶり2回目
    広島 広陵 2年連続23回目
    鳥取 鳥取城北 3年ぶり5回目
    島根 益田東 18年ぶり4回目
    山口 下関国際 2年連続2回目
    香川 丸亀城西 13年ぶり5回目
    徳島 鳴門 2年ぶり12回目
    愛媛 済美 2年連続6回目
    高知 高知商 12年ぶり23回目
    北福岡 折尾愛真 初出場
    南福岡 沖学園 初出場
    佐賀 佐賀商 10年ぶり16回目
    長崎 創成館 3年ぶり2回目
    大分 藤蔭 28年ぶり2回目
    熊本 東海大星翔 35年ぶり2回目
    宮崎 日南学園 2年ぶり9回目
    鹿児島 鹿児島実 3年ぶり19回目
    沖縄 興南 2年連続12回目

    第100回甲子園日程

    第100回高校野球の日程です。昨年の優勝校は花咲徳栄(北埼玉)・2年前の優勝校は作新学院(栃木)・選抜の優勝校は大阪桐蔭(北大阪)になります。

    開幕の始球式は星稜高校出身の松井秀喜氏となっています。

    日程 開始時間 高校名 高校名
    2018年8月5日(日) 10:30 藤蔭(大分) 星稜(石川)
    2018年8月5日(日) 13:00 済美(愛媛) 中央学院(西千葉)
    2018年8月5日(日) 15:30 慶応(北神奈川) 中越(新潟)
    2018年8月6日(月) 8:00 山梨学院(山梨) 高知商(高知)
    2018年8月6日(月) 10:30 作新学院(栃木) 大阪桐蔭(北大阪)
    2018年8月6日(月) 13:00 北照(南北海道) 沖学園(南福岡)
    2018年8月6日(月) 15:30 旭川大(北北海道) 佐久長聖(長野)
    2018年8月7日(火) 8:00 佐賀商(佐賀) 高岡商(富山)
    2018年8月7日(火) 10:30 智弁和歌山(和歌山) 近江(滋賀)
    2018年8月7日(火) 13:00 前橋育英(群馬) 近大付(南大阪)
    2018年8月7日(火) 15:30 益田東(島根) 常葉大菊川(静岡)
    2018年8月8日(水) 8:00 日南学園(宮崎) 丸亀城西(香川)
    2018年8月8日(水) 10:30 金足農(秋田) 鹿児島実(鹿児島)
    2018年8月8日(木) 13:00 大垣日大(岐阜) 東海大星翔(熊本)
    2018年8月8日(水) 15:30 花咲徳栄(北埼玉) 鳴門(徳島)
    2018年8月9日(木) 8:00 横浜(南神奈川) 愛産大三河(東愛知)
    2018年8月9日(木) 10:30 花巻東(岩手) 下関国際(山口)
    2018年8月9日(木) 13:00 創志学園(岡山) 創成館(長崎)
    2018年8月9日(木) 15:30 興南(沖縄) 土浦日大(茨城)
    2018年8月10日(金) 9:30 敦賀気比(福井) 木更津総合(東千葉)
    2018年8月10日(金) 12:00 日大三(西東京) 折尾愛真(北福岡)
    2018年8月10日(金) 14:30 羽黒(山形) 奈良大付(奈良)
    2018年8月11日(土) 8:00 龍谷大平安(京都) 鳥取城北(鳥取)
    2018年8月11日(土) 10:30 明石商(西兵庫) 八戸学院光星(青森)
    2018年8月11日(土) 13:00 報徳学園(東兵庫) 聖光学院(福島)
    2018年8月11日(土) 15:30 白山(三重) 愛工大名電(西愛知)
    2018年8月12日(日) 8:00 二松学舎大付(東東京) 広陵(広島)
    2018年8月12日(日) 10:30 浦和学院(南埼玉) 仙台育英(宮城)

    まとめ

    2018年夏最新の甲子園優勝候補ランキングを紹介しました。

    優勝候補は、大阪桐蔭、横浜、木更津総合、智弁和歌山、創成館、星稜になります。

    第100回の記念大会なので混雑が予想されます。

    【高校野球2018年夏】甲子園の当日券(チケット)は何時から並ぶ?


    スポンサーリンク