駒澤大学のタスキリレーミスの原因はなぜか調べてみました。

区間記録はどうなるのか検証してみましょう。


駒澤大学のタスキリレーミスの原因はなぜ?

駒澤大学のタスキリレーミスの原因は関係者がうまく先導できかったようです。

片西景選手が山下選手に渡そうとした全然いなくて困っていましたね。

運営のミスの可能性があるようですね。山下一貴選手は残り1キロと聞いていたのであと3分あると思っていたようですね。

襷リレーに手違いはあってはいけないミスなので原因を追求して明日以降に改善してほしいですね。

駒澤大学としては残念ですが、遅れた時間を正当にしてもらってほしいですね。

駒澤大学の区間記録はどうなるの?

駒澤大学の区間記録のどうなるのでしょうか。

過去にこのような前例がないのでわかりませんね。


スポンサーリンク

まとめ

2019年の箱根駅伝で1区と2区のタスキリレーでミスが起こってしまいましたね。

襷リレーを渡そうとしたら選手がいなくて10秒くらい遅れてしまいました。

国士舘大学でもタスキリレーのミスがあって少し遅れていたので運営側に問題があったのか原因を追求して改善してほしいですね。

国士舘大学のタスキリレーミスの原因はなぜ?誘導側が悪い?


スポンサーリンク