6月23日、悲しいニュースが飛び込んできました。長い闘病生活を続けていた小林麻央さんが旅立ちました。旦那様の市川海老蔵さんは、その日も気丈に舞台に立ちました。

小林麻央さんと市川海老蔵さんとの出会いはニュース番組「ZERO」でしたね。初対面での対談は初々しいものがありました。また、小林麻央さんがアナウンサー時代だった若い頃には色々な噂も立ちました。

市川海老蔵さんとの出会い、小林麻央さんの若い頃など調べてみました。


スポンサーリンク

小林麻央さん市川海老蔵さんとの出会いはZEROなのか?市川海老蔵さんへの思いとは?

6月23日にショックなニュースがありました。乳がんで闘病生活を送っていた小林麻央さんが22日の夜に旅立ってしまいました。旦那様の市川海老蔵さんのブログは短い言葉でしたが、色々な思いが詰まっていました。

小林麻央さんと市川海老蔵さんとの出会いは、当時ニュース番組「ZERO」のキャスターを務めていた小林麻央さんと市川海老蔵さんの対談でした。

2人とも初対面で、ドキドキ感が伝わってきましたね。しかし、市川海老蔵さんは階段を上っている時に結婚するかもと、直感的にビビビッときたそうです。

対談で歌舞伎について熱く語る市川海老蔵さんと、それを一生懸命に聞く小林麻央さんは、その時は仕事だったとはいえ将来一緒になるような空気感があったのかもしれませんね。

しかし、結婚となるとテレビの仕事をしていた小林麻央さんは梨園の妻として世間の目もあり、大変だったのではないでしょうか。ただ、相当な覚悟を決めて市川海老蔵さんの妻になると決めたのだろうと思います。

結婚前まで女性関係の噂が絶えなかった市川海老蔵さんが結婚後人が変わったように家庭を大事にするようになったのは、影で支えてくれる小林麻央さんの温かい気持ちがあったからだと思います。

小林麻央,市川海老蔵

小林麻央さんのアナウンサー時代の若い頃の噂とは?

小林麻央さんは、大学時代に明石家さんまさんの司会で人気のあった「恋のから騒ぎ」に出演していました。きっかけは姉の小林麻耶さんが前年度に出演していたので後押しされてとのことでした。


スポンサーリンク

小林麻耶さんと小林麻央さんは、当時から特別な存在感があったそうです。姉の小林麻耶さんは大学卒業後TBSのアナウンサーになりますが、小林麻央さんはセントフォースに所属しフリーアナウンサーとして、また女優としてドラマや映画にも出演しました。から騒ぎ卒業生としてアナウンサー時代は色々言われたりしました。

声が嫌いとか話し方が嫌いなどの他に、女友達がいないなどの噂も立てられました。しかし、そう言われてしまうのは女性からの嫉妬心からだと思います。

から騒ぎを見ていた人からは、姉妹揃って明石家さんまさんに可愛がられてるというイメージが強かったのでしょう。2人とも真面目な性格をしているのですがテレビでは伝わらないことも多いですからね。

小林麻央さんのたいせつなこととは?

乳がんであることが公表されてから、小林麻央さんは「KOKORO」というブログを始めました。自分の体が辛い時にもブログの写真はいつも笑顔でした。

周りの人、ブログの読者のことを思い、毎日のようにブログを更新していたので、ブログの更新がない日は心配になっていましたが、そう思っていたのは私だけではなかったようです。

小林麻央さんは人のことを思い、辛いことがあっても表に出さない芯の強い女性だったと思います。そして何より家族や2人の子供のことを案じ、生きることへの強い思いがあったからこそいつも笑顔でいるように心掛けていたのでしょう。

小林麻央さんのブログは時に心配かけたくないのか、アメーバ限定の記事がありました。色々気を遣いながらもブログの更新をすることが自分の義務のように、自分の生きた証として残さなければと思っていたように感じます。

小林麻央さんのたいせつなこととは、温かい家族に囲まれて笑顔でいることだったのではないでしょうか。食事が摂れないほど辛くてもいつも笑顔でした。そして深い愛情があふれていました。本当に人柄の良さが伝わってきました。

まとめ

小林麻央さんと旦那様の市川海老蔵さんは「ZERO」での対談が初対面だったのですが、運命的な出会いだったことはその後結婚したことで証明されましたね。

まだ大学生だった若い頃に「から騒ぎ」に出演し、大学を卒業してからお天気お姉さんや、女優、そしてアナウンサー時代を経てきました。

アナウンサー時代の若い頃は実家のこと、性格のことなどあまりいい噂が聞かれませんでしたが、真実ではなく妬みから出たものだと思われます。

6月22日の夜に旅立ってしまった小林麻央さんは愛に溢れ、笑顔を忘れない素敵な人でした。ブログをいつも読んでいた私は辛いです。しかし、生きることの大切さを教えてくれた小林麻央さんは笑顔で家族を見守っていることと思います。


スポンサーリンク