東京駅丸の内南口を出てすぐのところにある東京ビルTOKIA地下1階にあるお好み焼きの店「きじ」は、大阪の名店でもあり、東京ミシュランガイド2015に掲載された有名店です。

行列のできる店としてテレビや雑誌などにも紹介されるほどなので、1度は行くべき店といわれるお好み焼きのおすすめメニューや値段など気になります。

行列の待ち時間や予約はできるのかなどお好み焼きの名店「きじ」について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

きじ東京駅店のお好み焼きのおすすめメニューや値段は?

東京駅丸の内南口を出て徒歩3分のところにある東京ビルTOKIA地下1階にあるお好み焼きの店「きじ」は大阪の名店であり、大阪にあるたくさんのお好み焼き屋の顔を潰さぬようにと東京進出してきたので、本場の味を東京で味わえる有名店として連日行列が絶えないことでも有名です。

2015年にはミシュランガイド東京2015ビブグルマンに掲載されたことで知名度もより高くなり連日多くの人が訪れて、本場大阪の味を楽しんでいるようです。

「きじ」のメニューは、お好み焼きだけでなく焼きそば、モダン焼き、おつまみなどが揃っています。

その中でもおすすめメニューとして、豚玉890円や、スジ焼1280円、モダン焼き1150円などのお好み焼きメニューの他に、スジモダン焼き1380円や、おつまみのスジぽん570円などがあります。値段もそれほど高くないので、ランチにはコスパ的にも人気があるのではないでしょうか。

大阪梅田駅近くの「きじ」に比べるとちょっと値段が高いと思う人もいるようですが、大阪からソースなどの原材料を持ってきているということで、こだわりも含め納得できます。

値段が高いと言っても、900円から高いものでも1500円以内で本場の味を食べられるので満足できるのではないでしょうか。

1人でも楽しめますし、何人かで行って色々な種類のお好み焼きをシェアして食べると、安い値段でより楽しめるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

行列の待ち時間は?予約はできるのか?

大阪でも有名なお好み焼き「きじ」が東京駅隣の東京ビルTOKIAに出店し、本場の味が東京で食べられるとテレビや雑誌などで紹介され、ミシュランガイド東京2015ビルグルマンにも掲載されたことで、もともと行列のできる店として有名でしたが尚更人気に拍車がかかったようです。

ディナータイムの待ち時間は30分から1時間はかかるようです。

丸の内という場所柄サラリーマンやOLの客が仕事終わりにビールやハイボールなどを飲みながら食べるお好み焼きや、スジぽんなどが仕事の疲れを吹き飛ばしてくれるのかもしれないですね。

ランチは、11時の開店前から並んでいる人もいるようで、開店30分もすると満席状態になるそうです。

平日の13時以降に行くとほとんど待つことがなくスムーズに入れることが多いですね。

しかしオフィス街の中にあるからなのか、ランチは回転が早く待ち時間はそれほどでもなさそうです。営業時間はランチが11:00から15:00・ディナーは17:00から23:00(L.O.22:00)です。

どうしてもお好み焼きは夜にゆっくりお酒を飲みながらというイメージがあるのか、夜に来店する客が多いですね。カウンター8席、テーブル34席と広い店内が満席になるというところでその人気ぶりがわかります。

予約は残念ながら受け付けていないので、混雑していても行列に並んで待つようです。

口コミを見ると、行列ができているときは並んでいるときにオーダーを取るので、席についてそれほど待つことなく注文したものが運ばれてくるからなのか回転が早く、席数も多いとあって以前よりは行列も落ち着いたようです。

予約ができないのは残念ですが、行列ができていても待ち時間もそれほど長く感じないようですし、大阪の味を東京で味わえるのでぜひ1度は食べる価値があるようです。

まとめ

東京駅隣の東京ビルTOKIAの地下1階にあるお好み焼き屋「きじ」は、ミシュランガイド東京2015ビルグルマンにも掲載されるほどの名店です。

お好み焼きの本場と言われる大阪の味を東京でも味わえるということで行列ができ、待ち時間は30分から1時間くらいと言われています。

メニューも数多く、おすすめは豚玉や、スジ焼などのお好み焼きの他、モダン焼きやおつまみのスジぽんなどでしょう。

予約はできませんが、並んでも食べたくなる大阪の味「きじ」のお好み焼きは、それほど人気があるということがわかります。


スポンサーリンク