ボクシングで活躍するケンシロウ選手はとてもかわいいといわれる理由はなんでしょうか。

ケンシロウ選手の出身や父親は何をやっているのか気になってしまいましたので、紹介させて頂きます。


スポンサーリンク

ボクシングのケンシロウ選手がかわいい理由とは?年齢は何歳なのか?

ケンシロウ選手は中学校のころからボクシングを始めています。

高校時代にはインターハイなどにも出場していたそうです。その後は、関西大学を卒業して父親の経営するボクシングジムで練習をして、2017年5月20日にWBCライトフライ級王者になっています。

ライトフライ級の他の団体の日本人王者には田口良一選手と田中恒成選手がいます。この二人は順調に行くと統一戦を行うことになります。

ケンシロウ選手もこの二人と戦ってもらうとさらに注目される存在になると思います。

ケンシロウ選手は、見た目はボクシングの選手とは思えないかわいい顔をしています。かわいい理由は、童顔で顔が小さく整った顔だからではないでしょうか。

拳四朗と書くので北斗の拳のケンシロウと間違えそうですが、名前は北斗の拳からとったものみたいです。

テレビでマツコ・デラックスもケンシロウ選手のことを「かわいいなあ」って言っていましたね。

ケンシロウ選手は弱そうにかわいいので、弱そうに見えますが、ライトフライ級王者なので、強いんですよ。


スポンサーリンク

ボクシングの選手でかわいいといったら田口良一選手ですね。つよかわいいってよく言われています。

田口良一の彼女は一般人でかわいいっ本当?ボクシングを観戦してた?

拳四朗選手の年齢は、何歳なのかというと1992年1月6日生まれの25歳です。

身長も164cmと少し小さいですが、やっぱり童顔でかわいい顔をしていますね。

女性に持てそうな感じで、性格もかなり良いのではないでしょうか。

出身や父親が気になる

ケンシロウ選手の出身は、京都のようです。

父親の寺地永さんが会長を務めるBMBボクシングジム所属です。

父親の寺地永さんも元プロボクサーで日本ミドル級王者、OPGBF東洋太平洋ライトヘビー級の2つのベルトを保持していました。

唯一負けたのは竹原慎二さんなので、父親もとてもボクシングが強かったことがわかります。

父親のDNAを引き継ぐケンシロウ選手も厳しい練習に耐えてチャンピオンになれなと思います。

まとめ

ボクシングのケンシロウ選手は、とてもかわいい顔をしていますが、ライトフライ級のチャンピオンでもあります。

出身は京都で父親も元プロボクサーでチャンピオンでした。ケンシロウ選手はこれからも勝ち続けるように頑張ってもらいたいと思います。


スポンサーリンク