小出恵介は、お守りの指輪をしている!帰国子女、慶應義塾大学卒という経歴を持ち、176㎝の長身を生かし映画やドラマで見せる幅広い役。

その役のためか太ったと話題にもなるが、憎めないのはあの笑顔があるから?小出恵介の不思議な魅力とは?


スポンサーリンク

小出恵介さんの指輪とは?

ネットで指輪検索していたら、小出恵介さんが着用という気になる指輪を見つけました。小出恵介さんとお揃いの指輪、憧れる人も多いだろうなと思い詳しく見てみました。

『AQUA SILVER(アクアシルバー)』というブランドのユニセックスシルバーリング《身を守るお守り》FR-016FM/BZ値段は27,000円です。

【ディッセンスリング】 ディッセンス・・・ラテン語で上品を意味する言葉。ヴィクトリア時代に見られるような華麗で重厚なフォルムに、現代的な要素も取り入れたリング。美しく輝くエメラルドカットのストーンが高貴な空気感を放つ。

小出恵介さんが指輪を着用している写真等が見つからなかったのですが、サイトの指輪のところには小出恵介さん着用アイテムとなっているので確かだと思います。

ラテン語で上品を意味する言葉。小出恵介さんらしいチョイスですね。

小出恵介さんの太ったと話題の真実とは?

小出恵介さんが最近太ったと話題になっていますが、2016年2月に上映された「十字架」で中学生の役を演じるにあたり、幼さを出すために少し太ったといわれています。

30歳代にして、決して童顔とは言えない小出恵介さんは中学生の役に戸惑いもあったのではないでしょうか。「十字架」という映画は、中学生の自殺という重い話で、演じるのも大変だったと思います。

太ったり痩せたりというのは、俳優さんにとっては演じる役に入るうえで仕方のないことかもしれません。

少しふっくらしただけでも話題になってしまうのは、それだけ小出恵介さんを沢山の人が見ていて、少しの変化でも見逃さないファンによってネットで話題になるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

ただ、お酒が大好きだということで、32という年ですし、ちょっと心配になります。

小出恵介さんの身長や出身大学は?

小出恵介さんは、父親の仕事の関係で、小学2年生から5年生までの4年間インドのニューデリーに住んでいて、日本人学校と、インターナショナルスクールに通っていました。

小学生で2つの学校に通うことは大変だったのではないでしょうか。

メイドさんが10人だったとか、お金持ちでセレブな生活をしていたなどど言われていますが、子供の時に他国でので生活、小出恵介さんを見ていると、もともと順応性が高い性格だったのか、大変というより、楽しんでいた感があります。

インドでの生活で、英語とヒンドゥー語をマスターしたそうです。英語は今でも得意だそうですが、残念ながらヒンドゥー語の方はあいさつ程度しかできないとのことです。

英語を話せる人は多いですが、ヒンドゥー語などは話せる人がいないと忘れてしまうのかもしれませんね。

小出恵介さんは、慶應義塾高校・慶応義塾大学文学部卒業ですが、中高一貫教育が一般的な慶應義塾高校に、バスケットボール部を引退後のたった2ヶ月間の勉強だけで、市立の中学から入学しそのまま大学まで進学、卒業するというのは、小出恵介さんの集中力と、偏差値の高さがうかがえます。

小柄に見える小出恵介さんですが、身長は176㎝なので全然小柄ではないですね。

まとめ

小出恵介さんと言えば、フジテレビ系のドラマ「のだめカンタービレ」の奥山真澄役、TBS系のドラマ「JIN-仁-」の橘恭太郎役、日本テレビ系のドラマ「ごくせん第2シリーズ」の日向浩介役、そして、TBS系のドラマ「ROOKIES」での御子柴徹役など、挙げていけばきりがないほど沢山の心に残るドラマに出演されています。

それだけ役者として幅が広いのでしょう。176㎝の長身の体で太ったり痩せたりと体重管理も大変かとは思いますが役のためにストイックに生きる姿は魅力的でもあります。

子供時代に体験したインド生活は大変だったと思いますが、仕事の糧になったのでは?着用してる指輪《身を守るお守り》を信じて、これからも沢山のドラマや映画でその魅力を発揮する姿、応援していきたいと思います。


スポンサーリンク