大船渡vs花巻東の岩手大会決勝結果は12対2で花巻東が勝利しました

大船渡高校は佐々木朗希選手を温存して負けてしまいましたね。その理由を考えてみました。

佐々木朗希選手が甲子園でみれないのは残念ですが、花巻東には頑張ってほしいと思います。


大船渡高校対花巻東高校の岩手大会決勝結果

大船渡対花巻東岩手大会決勝結果は、12対2で花巻東が勝利しました。

花巻東 2 1 1 0 1 4 2 1 0
大船渡 1 0 0 0 0 0 0 0 1

大船渡高校は佐々木朗希選手はベンチスタートと始まりましたが、エラーもあり花巻東が大船渡高校を圧倒しました。

朝5時頃から岩手大会決勝をみたいために行列ができる人気の試合です。しかし、佐々木朗希選手を温存して負けてしまいました。

花巻東は甲子園常連でもあるので、やっぱり強かったです。

佐々木朗希選手が投げていればどうなっていたかはわかりませんので、残念な結果になってしまいましたね。

大船渡対花巻東岩手大会決勝!佐々木朗希選手温存の理由

大船渡対花巻東岩手大会決勝で佐々木朗希選手を温存した理由を考えてみました。

佐々木朗希選手は4回戦194球を投げて、準決勝でも完投して勝利に貢献しています。

決勝で温存した理由は、前日にも投げていたので肩に負担をかけたくなかったからだと思います。

海外メディアも天才の肩が壊れないことを祈ると出ていましたね。

監督も将来のことを考えて連投はさせないのだと思います。大谷翔平選手も肩の手術をしているので、たくさん投げさせたくはないと思いますね。

怪我のリスクがあるのはわかりますが、見たかったですね。

1日あいているなら佐々木朗希選手を投げさせたことは考えられますが、将来期待されているのでしょうがないと思います。

甲子園で佐々木朗希選手をみたかったけど、プロ野球で活躍できるポテンシャルなので今後に期待したいと思います。


スポンサーリンク

大船渡対花巻東岩手大会決勝!佐々木朗希選手に対する口コミ・評判

まとめ

大船渡対花巻東岩手大会決勝は花巻東が勝利しました。

佐々木朗希選手を温存した理由は、連投させてケガをさせたくなかったからだと思います。

佐々木朗希選手は将来も期待されているので、プロ野球では活躍できるように頑張ってほしいと思います。


スポンサーリンク