城西大学卒業の石田亮選手の現在は、自衛隊体育学校で陸上を続けています。

石田亮選手は箱根駅伝でも活躍したり、途中棄権したこともあるのでご存知の方もいるのではないでしょうか?

2019年の東京マラソンにも出場するので、頑張ってほしいと思います。


石田亮選手(城西大学)の現在は自衛隊体育学校

城西大学を卒業した石田亮選手の現在は自衛隊体育学校で陸上を続けています。

東日本実業団駅伝でも活躍していたり、2018年の福岡国際マラソンでは、2時間26分くらいのタイムを残しています。

福岡国際マラソンで思ったような結果を残せなかったので、東京マラソンではリベンジしたいと思っていると思います。

東京五輪も目指しているようなので、東京マラソンでは2時間10分を切るタイムを出して上位6位以内に入らないとマラソングランドチャンピオンシップの出場権を得ることができません。

石田亮選手は東京オリンピック選考レースの最後の大会となると思うので、今回のレースにかけてると思います。

自己ベストで走らないと厳しいので、東京マラソンでは頑張って良い記録を残せるように頑張ってほしいと思います。

石田亮選手(城西大学)は箱根駅伝は棄権したことも


石田亮選手は城西大学時代に箱根駅伝で棄権をしてしまいました。

10年前の2009年の箱根駅伝8区を走った時に低血糖症となって途中棄権となったことがあります。

2009年は城西大学のチームメイトの伊藤選手が区間賞の好タイムでしたが、タスキが途切れたため記録が消えてしまって石田亮選手は謝り続けたようです。

2010年には石田亮選手は再び箱根駅伝を走り区間2位の記録でテレビ解説者として見守った伊藤選手の前で結果を残すことができています。さらに城西大学でははじめてシード権を獲得したのも2010年になります。

現在も自衛隊体育学校で陸上を続けているので、これからもマラソンで活躍できるように応援しています。


スポンサーリンク

まとめ

石田亮選手は城西大学卒業後は自衛隊体育学校で陸上を続けています。

2009年には箱根駅伝で途中棄権したこともありましたが、現在も東京オリンピックに向けてマラソンを頑張っています。

東京マラソンで好タイムを出して、グランドチャンピオンシップに出場できるように頑張ってほしいですね。


スポンサーリンク