ボクシング世界一トーナメントWBSS決勝が2019年11月7日に行われます。

井上尚弥選手の次の試合を予想してみました。ルイスネリ選手とテテ選手の可能性やスーパーバンタム級でWBSSが行われれば転向するのか予想してみます。

日本人最強の井上尚弥選手ならスーパーバンタム級でも圧倒的な勝利を見せてくれると思います。

スポンサーリンク

井上尚弥選手の次の試合(2020年)を予想!ドネアの後はバンダム級ならネリ・テテもありえる?


井上尚弥選手の次の試合を予想してみるとドネアの後にバンダム級に残るならルイスネリ選手やテテ選手対戦することもありえます。

バンダム級なら4団体統一を考えると思います。他の団体にはWBO王者テテやWBC王者ウーバーリー選手がいます。

テテはWBSSを怪我で棄権しています。ドネア選手から逃げたわけではありませんが、井上尚弥選手と対戦したいとコメントしています。テテは井上尚弥選手に挑戦状を送っているので、4団体統一するなら避けことはできません。

さらにウーバーリー選手が対戦してくれないと4団体統一することはできません。井上尚弥選手は強すぎるのでチャンピオンにも逃げられる可能性はあります。フライ級時代にも統一戦できないほど強かったですからね。

山中慎介さんに勝利した問題児のルイスネリ選手の次の相手は井上尚弥選手が勝利したロドリゲス選手になります。ルイスネリ選手がロドリゲス選手に敗戦した場合には井上尚弥選手と対戦することはないと思います。

ルイスネリ選手がロドリゲス選手に勝利した場合には、ウーバーリー選手と井上拓真選手の勝者と次の試合で戦うことになると思います。ルイスネリ選手が井上尚弥選手と対戦するとしたら、最速でも3試合後になります。

ルイスネリ選手はパワーがあるので、強いと思いますが、井上尚弥選手は全てSランクなので対戦したとしても井上尚弥選手が勝つと思います。


スポンサーリンク

井上尚弥選手の次の試合を予想!スーパーバンタム級ならWBSSでWBA・IBFダニエル・ローマン・WBCレイ・バルガス・WBOエマヌエル・ナバレッテ


井上尚弥選手がスーパーバンダム級に転向するならWBSSが行われる可能性があります。プロモーターのカレ・ザワーランド氏がWBSSシーズン3を計画していることを言っています。

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は7日、さいたまスーパーアリーナでWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。来日した大会プロモーターのカレ・ザワーランド氏は「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、来年にシーズン3を計画していると明かした。今大会で井上が優勝すれば、陣営と会談を持つ意向を明言。スーパーバンタム級に転級なら、同階級でのトーナメントを新設。現階級に残留なら、次回はバンタム級での開催を見送る方針を明らかにした。

スーパーバンダム級でWBSSが開催されることになったら、井上尚弥選手は出場することになると思います。

スーパーバンダム級の王者はWBA・IBFダニエル・ローマン選手、WBCレイ・バルガス選手、WBOエマヌエル・ナバレッテ選手です。

ダニエル・ローマン選手の戦績は30戦27勝(10KO)2敗1分。レイ・バルガス選手の戦績は34戦34勝(22KO)0敗。エマヌエル・ナバレッテ選手の戦績は29戦28勝(24KO)1敗。

スーパーバンタム級の王者も強豪ぞろいになります。レイ・バルガス選手は亀田和毅選手にも勝利しています。

井上尚弥選手がスーパーバンタム級の王者と対戦することになったら面白い試合になりますね。個人的には負けたことがないレイ・バルガス選手と対戦して圧倒して勝利してほしいですね。また、リゴンドウ選手もいるので注目されることは間違い無いですね。

今の井上尚弥選手ならスーパーバンタム級に転向してもすぐに対戦できますね。最近は世界戦でもチャンピオンや元チャンピオンとしか対戦していないので本当にすごいですよね。

日本歴代最強のボクシング選手なので、今後は注目が集まりますね。


スポンサーリンク