最近よくニュースでも話題になっていますが、もうすぐ世間はデジタル通貨時代になるのではないかということで、仮想通貨の種類も以前よりも確実に増えていっていますね。

「indaHash」は最近注目されている仮想通貨の1つですが、今後の価格は上がるのでしょうか。

今後何倍まで価格は上昇するのか、将来性や評判など、今話題の仮想通貨「indaHash」について色々調べてみました。


indahashの今後の価格や予想は何倍?

仮想通貨「indaHash」がなぜ話題になっているかというと、アプリや今流行りのSNSをうまく使ったICOの資金調達から生まれた通貨ということで若者が注目しているからだと思います。

最近よく耳にするインフルエンサーですが、「indaHash」は、アプリを使ったインフルエンサー市場をうまく利用しているのです。

インフルエンサーとは、世の中に影響力を持つ人がTwitterやFacebook、Instagramなどを使い、常に新しいものをおすすめ商品として宣伝し世の中に広めていくことで、それを見た人の購買意欲を高め商品の購買につながるという仕組みです。

最近は有名人でなくてもTwitterやInstagramでのフォロワー数が多い人やFacebookで友達申請の多い人、YouTubeでいうユーチューバーなどまとめてインフルエンサーと言います。

「indaHash」では、あらかじめ指定されたハッシュタグをつけた写真をSNSに投稿し、その反応に応じて仮想通貨で報酬を受け取ることができるとのことです。

「indaHash」は大手企業各社と提携しており広め方も独特であり、仮想通貨市場でも期待が膨らむ通貨でしょう。

今後の価格について予想している人は多くいますが、はっきりと何倍になるかは聞けませんね。

しかし、2018年1月23日にTidexに上場したことで価格は上がるのではないでしょうか。

2018年1月24日の時点で価格は50円くらいですが、10倍の500円になる日はもしかするとあるかもしれないです。

仮想通貨の今後を予想するのは難しいのですが「indaHash」はこれから伸びる仮想通貨ではないかと言われています。

将来性や評判はどうなのか?

2018年1月23日にTidexに上場したことで、「indaHash」の注目度も高く評判もいいです。

これからまだまだ伸びるのではないかという話ですが、HitBTCへ上場しました。

「indaHash」は大手企業各社と提携しているのですが、電通とも提携しているので日本でも知名度が上がり、購入する人だけでなく日本の取引所にも上場するのではないかとも噂されています。

「indaHash」のCEOであるバーバラさんは韓国平昌五輪の聖火ランナーも務めるなど有名な人です。

女性CEOらしく女性目線での考え方があり世の中の流行りにも常にアンテナを張っているのではないでしょうか。

取引所もTidexや、HitBTCだけでなくアメリカや日本、中国などの取引所に上場する可能性があるかもしれません。

これからの時代、デジタル通貨での買い物などが日常的になるかもしれないので、仮想通貨にネガティブな気持ちを持っている人も気持ちが変わるかもしれないですね。

将来性のある仮想通貨「indaHash」は今買っておくのもおすすめです。

インダハッシュの買い方

インダハッシュの買い方を説明します。

1.Zaifでビットコインまたはイーサリアムを購入します。
2.zaifからHitBTCに送金します。
3.HitBTCでインダハッシュを購入します。

まとめ

仮想通貨「indaHash」は女性CEOの元、流行りのSNSを使うといった新しい資金調達で成功をおさめTidexに上場したことでより注目を浴びるようになりました。

今後の価格上昇を予想すると何倍になるかはっきりとは言えませんが、今の話題性で見てみると10倍は行くのではないかとも言われています。

大手企業各社と提携していることもあり、評判や将来性についても高いです。

デジタル通貨時代はこれからどんどん進化して行くと言われています。

「indaHash」がまだ安く買える時に購入し、これからの価格変動をじっくりみていくのもいいかもしれないですね。


スポンサーリンク