茨城県の明秀日立高校の細川拓也選手は投手として活躍が予想されます。

お兄さんがプロ野球選手なのでお兄さんが注目されそうですが、選抜高校野球での活躍により知名度が上がりそうです。

今回は細川拓也選手の出身中学、身長やお兄さんのプロ野球チームについて紹介します。


スポンサーリンク

細川拓哉選手の兄はプロ野球選手?

明秀日立高校の細川拓也選手のお兄さんはプロ野球選手の細川成也選手になります。

お兄さんも明秀日立高校出身で現在は、横浜DeNAベイスターズに所属しています。

2016年ドラフト5位で2017年は2試合で5打数2安打の成績を残しています。

ポジションは外野で、右投右打、身長179cm、体重86kgとプロ野球選手としては大きな体ではありません。

今年でプロ2年目となるのでさらなる活躍が期待されます。

細川拓也選手はお兄さんの影響なのかわかりませんが同じ明秀日立高校に進学しているので、ドラフトで選ばれてプロ野球を目指していると思います。

細川拓也選手は投手なのでお兄さんとは違いますが、MAX144キロ、スライダー、カーブの右腕になります。

関東大会でも4試合投げて準優勝していますので好投手でもありますので、選抜高校野球でもどんなピッチングをするか楽しみです。

タイミングを取るのが難しそうなフォームで投げています。

出身中学や身長は?

出身中学は中郷中学校でいわきリトルシニアでプレイしていました。

中学時代は内野手をやっていたようなので投手は高校に入ってから本格的にやっていたようです。


スポンサーリンク

高校からでも投手に転向するのは遅くはないことがわかるのでぜひ迷われている方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お兄さんはバッターとしての素質、細川拓也選手の素質があるのかもしれません。

高校から始めてもMAX144キロを投げているので努力は相当していると思います。

選抜高校野球から夏の甲子園までにかけて150キロにも届くな可能性もあると思います。

打者としてもクリーンナップを打っているのでパワーも兼ね備えています。

細川拓也選手の身長になりますが、175cmになります。

お兄さんより身長は4cm程小さいので野球選手としては大きくありません。

これから身長が伸びることは難しいと思いますが、筋肉などをつけてもっと球速を上げてもらいたいですね。

ドラフト候補は?

細川成也選手はドラフトではどうなるのでしょうか。

ストレートは最速144キロはプロ野球選手としては普通です。

スライダー、カーブもっと切れ味鋭く曲がるようになってストレートの球速も上げることができて、選抜高校野球、夏の甲子園でも活躍ができればドラフト候補にもなるのではないでしょうか。

今のところそこまでは注目されてはいないので今後の結果次第ではドラフトで選ばれるようになると思います。

大学に進学する可能性もあるので、大学で力をつけてからプロ野球を目指すことも考えているかもしれません。

まとめ

細川拓也選手のお兄さんは横浜DeNAベイスターズの細川成也選手です。

出身中学は、中郷中学校で身長は175cmになります。

お兄さんを目標に練習をしている可能性もあるので、プロ野球選手になれるように頑張ってもらいたいと思います。


スポンサーリンク