本田圭佑選手のメルボルンでの年俸やマーキープレイヤーに慣れるのか検証してみましょう。

メルボルンに移籍したら6チーム目になりますが、本田圭佑選手の実績からしたら活躍が期待されます。

ワールドカップでも活躍した本田圭佑選手を確認しましょう。


本田圭佑選手 メルボルンの年俸

本田圭佑選手のメルボルンでの年俸がいくらになるか調べてみました。

名古屋グランパス、VVVフェンロ、CSKAモスクワ、ACミラン、パチューカでの年俸になります。年俸は450万円~7億7千万円になります。

名古屋グランパス

年俸
2005年 450万円
2006年 1000万円
2007年 1800万円

VVVフェンロ

年俸
2008年 6500万円
2009年 6500万円

CSKAモスクワ

年俸
2010年 3億円
2011年 3億円
2012年 3億円
2013年 3億円

ACミラン

年俸
2014年 7億7千万円
2015年 7億7千万円
2016年 7億7千万円

パチューカ

年俸
2017年 4億5千万円

メルボルンの最低年俸は約500万円となっています。しかし、本田圭佑選手の年俸数百万豪ドルなので、数億円という破格の待遇になりそうです。

ミラン、パチューカでの年俸から予測すると3億円以上7億円未満になることが予想されます。

本田圭佑選手はアジアでも知名度がある選手なのでメルボルンとしても高待遇で迎えることになりそうです。

マーキープレーヤーに慣れるのか?

マーキープレイヤーとは、年俸を自由に設定できる選手です。

オーストラリアリーグではチームの年俸の上限が決まっていますが、集客力を目的として、一人だけは制限をしないで獲得することができます。

先程もお伝えしましたが、本田圭佑選手は人気の選手なのでマーキープレイヤーになることができると思います。

名門のACミランでも10番を背負ってプレーしていたことや今までの活躍によりマーキープレイヤーになるでしょうね。

オーストラリアリーグは10月に開幕するので近日中にはメルボルンへの発表があるかもしれません。

メルボルンはオーストラリアリーグで優勝を3度経験している名門クラブなので優勝に貢献してほしいですね。


スポンサーリンク

まとめ

本田圭佑選手のメルボルンでの年俸は、数億円くらいになると思いますのでマーキープレイヤーに慣れると思います。

メルボルンでの活躍に期待したいと思います。

スポンサードリンク