ドラマ「セシルのもくろみ」に出演中の長谷川京子さんですが、変わらず綺麗な顔と気品あるれる雰囲気を醸し出しています。

しかし、ネットでは唇が不自然でおかしいなどの記事が見られます。

噂ではヒアルロン酸が原因で変になったのではないかなどと言われています。そしていつも口を半開きにしてると言われます。

長谷川京子さんの唇は見てすぐ分かるほど変になってしまったのでしょうか。半開きにするのは何故か気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

長谷川京子さんの唇が不自然でおかしい?

長谷川京子さんは、モデル出身とあってスタイルも良く綺麗な顔をしています。

女優としても数多くのドラマや映画に出演し、2004年にはNTTや化粧品メーカーのCMの数も10社を超え「CMの女王」と言われていました。

2008年にはロックバンド・ポルノグラフィティのギタリストである新藤晴一さんと結婚し、2009年には男児・2012年には女児を出産し、2人の子供を育てながら女優の仕事をこなしています。

それに、子供が生まれたことで役に幅も広がったように見えます。しかし、ネットでは顔が劣化したとか、整形しているように見えるなど噂され、特に唇が変だという声が多いです。

現在放送中のドラマ「セシルのもくろみ」では、ファッション誌の元専属モデルでコメンテーターという役を務めているので、モデル出身の長谷川京子さんにとって、スタイル抜群で元モデルという雰囲気はうまく表現できていると思います。

長谷川京子さんは39歳になりましたが、デビュー当時から比べると女優らしさも身につき、色々な表情を作るのもうまくなったように感じます。

整形疑惑はメイクの仕方が変わっただけだと思います。よくネットでは整形前と整形後の写真を並べて比較されますが、わざと変に写った写真を使って比較しているように見えます。

唇が不自然に見えるなど言われていますが、特に「行列のできる法律相談所」に出た時の顔はメイクがちょっと濃くて真っ赤な口紅が似合わないと言われていたので、長谷川京子さんは元々の顔が綺麗なので、薄化粧の方が顔が引き立って見えるのかもしれないですね。

唇がおかしいのではなくメイクの方法が変わったのかもしれないですね。

長谷川京子さんの唇はヒアルロン酸で変になった?

長谷川京子さんの唇についてネットでは、今までと変わりおかしくなったなど噂されています。


スポンサーリンク

ヒアルロン酸の注入のしすぎではないかなどと言われています。

ネットで見られる写真は唇が分厚くて変だというのですが、たまたまそう見える写真をネットにあげヒアルロン酸のせいにしているように思います。

しかし、唇だけでなく顔がパンパンで、モデルの平子理沙さんにそっくりという話が出ています。

平子理沙さんもその時々で顔が変わって見えるので整形疑惑が出ているのですが、長谷川京子さんが平子理沙さんに似てると言われるのも、メイクの仕方でそう見えるだけのように思います。

長谷川京子さんも平子理沙さんもモデルとしてケアはしっかりしてるでしょうし、見る角度によって以前と変わったように見えるだけなのではないでしょうか。

写真やドラマの1シーンで面白おかしく噂を流してるようにしか見えませんね。

長谷川京子さんの唇が半開きの理由

ドラマ「セシルのもくろみ」に出演中の長谷川京子さんの唇がおかしいとネットでは整形やヒアルロン酸注入のし過ぎなどの噂がたてられています。

「セシルのもくろみ」では、はっきりと自分の意見を言う元モデルでコメンテーターという役柄なのか、メイクも濃くなっているのでしょう。

元々真っ赤な唇が似合わないと言われていた長谷川京子さんですが「セシルのもくろみ」では宣伝のポスターでも、番組HPの相関図でも真っ赤な唇できついメイクをしています。

そのせいか唇も分厚く半開きに見えるのかもしれません。役にぴったりのメイクなのですが、整形疑惑など言われたら女優としてがっかりしてしまいそうですね。

鏡ごしにリップの塗り直しをしているシーンは色っぽくて素敵だと思いました。

まとめ

女優の長谷川京子さんの唇が不自然でおかしいという噂がネットでよく見られます。

ヒアルロン酸の注入のしすぎで変になったのではないかなどと言われています。

現在出演中のドラマ「セシルのもくろみ」では半開きになった唇は整形やヒアルロン酸のせいではないかなどと言われています。

しかし、子供が2人もいるように見えないスタイルと綺麗な顔は本人の努力だと思います。

女優は役によってメイクも変わりますし、顔も違って見えるでしょう。長谷川京子さんはこれからも色々な役を演じると思うので噂に惑わされないようドラマを楽しみたいと思います。


スポンサーリンク