原田麻子さんを知っていますか。2015年7月に「マツコの知らない世界」にかき氷を年間1500杯以上食べる女性として出演し、かき氷専門店まで作ってしまったかき氷の女王と言われている女性です。

しかし、ネットでは「原田麻子・病気」というワードも多く見られますが、どのような病気なのでしょう。また、読者モデルの経験もある原田麻子さんはかわいいのでしょうか。原田麻子さんの年齢や結婚など私生活も気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

かき氷女王の原田麻子さんは病気なのか?

夏になるとかき氷の季節がやってきた!と思いますよね。しかし最近は一年中かき氷を食べる人も増え、かき氷大好き女子が多くなっています。

かき氷好きで有名な原田麻子さんは2015年7月の「マツコの知らない世界」に出演した時は1年間に1500杯以上もかき氷を食べると言っていました。1年間は365日なので1日4杯ぐらいペロッと食べてしまう計算になりますね。

冬の寒い時にもかき氷を普通に食べているなんてすごいと思いますが、体の方は大丈夫なのか心配になります。原田麻子さんのことをネットで調べてみると、病気というワードが出てきます。どうも氷食症を心配している人が多いようです。

氷食症とは、無性に氷を食べたくなる病気なのですが、ストレスや、体の中の鉄分が不足している時などに氷を食べずにいられなくなり、強迫的に氷を食べると言われています。

氷食症は、冷凍庫の製氷皿1トレーの氷を1日に全部食べてしまうようです。1日4杯ぐらいのかき氷を食べている原田麻子さんは1トレー以上食べていることになりますね。

ただのかき氷好きというだけで、氷食症なのかはわかりません。自分の店を持ち、インスタで自分が食べたかき氷の写真をあげているところを見ると、氷食症とは言えない気がします。

しかし、あまり冷たいものばかり食べていると体の不調を招くかもしれないので、健康管理には気をつけているのではないでしょうか。

原田麻子さんのかき氷のお店 氷舎ママトコなのか?浅田真央さんも来た!

原田麻子


スポンサーリンク

原田麻子さんは読者モデルなのでかわいいのか?

かき氷の女王と言われ、1年間に1500杯以上かき氷を食べることで2015年7月の「マツコの知らない世界」に出演した原田麻子さんですが、2016年にはなんと1800杯くらいと1年間に食べる量がまた増えているのです。

マツコデラックスさんに、もはや病気ね。と言われていましたが、体も心配になりますね。原田麻子さんはかき氷専門店を開業し、かき氷をもっと世間に広めたいと語っていました。原田麻子さんの写真を見るとかわいい顔をしています。

かき氷を目の前にしている時は笑顔がよりかわいいですね。実は、原田麻子さんは多摩美術大学に通っていた時にCUTiEやZipper、PSなどのファッション雑誌の読者モデルをやっていたそうです。

おしゃれでかわいいと評判も良かったようですね。原田麻子さんのかき氷屋「氷舎ママトコ」もおしゃれなので、ファッションセンスがいいのでしょう。体の線が細いのが元々なのか、かき氷の食べ過ぎなのか気になります。

病気ではないかと心配されていますが、笑った時の歯並びが綺麗で、素敵な笑顔も見られますし、体質的に細いのかもしれないですね。

原田麻子さんの年齢や結婚がしてるか知りたい

原田麻子さんの年齢は、現在35歳です。結婚適齢期なので結婚しているのか気になったのですが、まだ独身のようです。自分の店を持ち、経営者として責任ある職についていると、結婚よりも仕事中心になってしまうのかもしれないですね。

まして夏だけのイメージがあるかき氷を一年中提供するとなると、恋愛や結婚の話どころではないのかもしれません。また、原田麻子さんとデザイナーについて何か関係があるのか調べてみたのですが、特にありませんでした。

ただ、原田麻子さんは多摩美術大学情報デザイン学科卒業ということで、そこから来ているのかもしれませんね。

まとめ

原田麻子さんは、氷食症という病気ではないのかと心配されていますが、ただ本当にかき氷が大好きなだけなのかもしれません。自分で「氷舎ママトコ」というかき氷専門店を経営しているので、体のことは人一倍気にしているのではないでしょうか。

大学時代読者モデルをしていたというので、顔も可愛いですし、ファッションセンスも素敵です。年齢が35歳なのですが、若く見えます。結婚はまだしていないようですね。

普通のOLから、かき氷を1年で1500杯以上食べるかき氷の女王としてテレビ出演して人生が変わり、自分の夢を叶えた原田麻子さん。お店のファンも多いということで、体に気をつけてかき氷の素晴らしさを伝えていってほしいですね。


スポンサーリンク