10月になり街は本格的なハロウィン仕様になってきましたね。ハロウィンパーティーの予定を組んでいる人も多いのではないでしょうか。

ハロウィンパーティーとなるとやはり仮装やメイクも考えてしまいますね。

今年は、怖いものよりも可愛い系が流行っていると聞きます。

特にバニーガールが可愛いとネットではコスプレ衣装やメイクの方法も多く見られます。

簡単に可愛いバニーガールになれるメイクやコスプレの仕方を紹介しようと思います。


スポンサーリンク

ハロウィンの簡単なメイク方法とは?

ハロウィンパーティーに必要なのは、やはり仮装ですよね。

ゾンビなどの怖いものもよく見られますし、その年に流行ったお笑い芸人の格好を真似て見たり。

ウォーリーを探せのウォーリーや、ディズニーキャラクターに扮した人も多いです。

しかし、女性はどちらかというと怖いものよりも可愛い仮装をする人が多いですね。

メイクも普段できないようなちょっと濃いめにしてもハロウィン仕様だと全然変に見られませんし、逆に可愛さが際立って良いかもしれません。

2017年はバニーガールの仮装が流行るということで、ハロウィン用にうさぎぽっい可愛いメイクが簡単にできる方法をいくつか紹介したいと思います。

凝ったメイクは時間がかかりますが、コツを覚えれば簡単にできます。シミなどはコンシーラーで隠します。

顔のベースとなるB.Bクリームは白に近い薄いベージュがより色白で可愛く見えるでしょう。パウダーでマットに仕上げます。

顔浮きしないよう首の方も忘れないよう気をつけましょう。眉は茶色ペンシルと眉マスカラで色を薄めにし、ピンクのチークを使いピンクの眉を作ります。

アイメイクは、ベージュのハイライトをアイホール全体と涙袋に塗ります。

目頭3分の1にオレンジピンクのアイシャドウを塗り、瞳の上にはちょっと白をぼかし入れます。

目尻には紫色のアイシャドウをアクセントに入れます。涙袋にもピンクのアイシャドウを塗ります。

リキッドアイラインをはっきり入れると目が強調されるので思い切って描くようにしましょう。

ビューラーでまつ毛をカールさせます。付けまつ毛を上下につけるとぱっちりした目が出来上がります。

チークで頬をピンクにし、ピンクの口紅とグロスで仕上げます。

遊びで可愛いシールを頬や首筋などに入れるとアクセントにもなり、より可愛いかもしれません。


スポンサーリンク

髪の毛をカールさせたり、カラーのウィッグをかぶれば出来上がりです。

ハロウィン仕様にうさぎメイクをしっかり入れたい人は、鼻の頭をピンクや白にしたり、頬にヒゲを描いたりしてもいいかもしれないですね。

動画サイトでもメイクの仕方を見れるので参考にするのもいいかもしれません。

バニーガールのコスプレが可愛い!

メイクがキマったら、バニーガールのコスプレ衣装をどうするかですね。通販サイトではバニーガールの衣装がたくさん売られています。

せっかくメイクをバッチリ決めたなら衣装もバッチリ決めたいと思う人には通販サイトで購入するという手もあるでしょう。

バニーガールとメイドが一緒になったコスプレ衣装などとても可愛いです。

手作りするとなると手の込んだ衣装作りは難しいと思いますし、布やフリル、型紙などを用意するなら買ってしまった方がいいかもしれません。

バニーガールのコスプレは、メイクの仕方を変えれば今年だけでなくまた来年も使えそうです。バニーガールといってもレオタードのようなものではなく、フリルのついたミニスカートの衣装にすれば大丈夫でしょう。

色も黒を選びがちですが、時には白や赤などを選べばハロウィンだけじゃなく、クリスマスパーティーにも使えそうですね。

ハロウィンも怖いメイクや仮装だけじゃなく可愛いコスプレも多く、今年は特にバニーガールなどが流行りとも言われているので、男性もいるパーティーに行ったら恥ずかしがらずに堂々としていれば目立つこと間違い無いでしょう。

また、女子会でも大いにはしゃぐことができると思います。

まとめ

10月になり、街並みもハロウィン仕様になりました。だんだんパーティーの準備も始めないと間に合わなくなってきますね。

2017年の女の子の流行りはバニーガールと言われています。バニーガールということでピンクを強調したメイクの仕方を紹介しましたが、うさぎに扮するにはヒゲや鼻の頭のメイクまで凝ってもいいでしょう。

コスプレ衣装は通販サイトで売っているので自作よりも買った方がいいかもしれませんね。結構安くて可愛い衣装が揃っています。

ハロウィンというと怖いイメージが多いのですが、可愛いコスプレで変装して参加することも楽しいと思います。


スポンサーリンク