9月になり秋の風を感じる季節になるとお店にはハロウィン用のかぼちゃが飾られてきますね。

ハロウィンも年々派手になり仮装も凝ったものが多くなっているように感じます。

しかし、裁縫が苦手で衣装を作れないとか、時間がない、お金をかけずにと簡単に手作りできる仮装の仕方を知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

また、男用の仮装の衣装が難しいと考えている人に簡単にできる作り方を大人用、子供用と合わせて調べたので紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ハロウィン 仮装を簡単手作り!男(大人用)の作り方とは?

10月31日はハロウィンですが、9月に入り店にはかぼちゃお化けの飾り物が売り出されていますね。

かぼちゃのランタンを見ると夏から秋に季節が変わってきたと感じるものです。

かぼちゃお化けや飾り物などは百均でも多く見られ、ついつい買ってしまいますよね。ハロウィンといえば仮装のイメージが大きいです。

年々仮装も凝ったものが多く、ハロウィンパーティーもあちこちで開かれ、どのような仮装をしていけばいいか頭を抱える人も多いのではないでしょうか。

ネット通販で買えば簡単ですが結構値段も張りますし、その年の流行のものが多く、他人と被ってしまうと気まずい思いをする場合もあります。

流行のものを買うと次の年には使えなくなったりする時もありますよね。

女性は仮装やコスプレの衣装の種類も多く男装してもカッコよくきまりますが、男性の大人の場合は女装しても中途半端だとちょっと引かれたり、仮装の衣装を手作りするには裁縫が得意じゃないとなかなか大変で困ってしまいますよね。

たった1日のためにお金も時間も労力も使いたくないと思う人のために、大人用に簡単に手作りできる仮装の作り方を調べてみました。

手作りだと流行の仮装でも一味違うものになるので、他人と被ることなくオリジナリティがあってより楽しめそうですよね。

風船を使って作る仮面などは、工作する感じで作れますよね。

そこにパーカーを着て帽子をかぶり顔を見えないようにすれば簡単に仮装できます。

また、ゾンビメイクをして、着古した服に切り込みなど入れたり、汚れをつけたりすれば簡単にゾンビになれます。

スカルメイクに黒のパーカーなども怖い仮装ができるのではないでしょうか。

男の人はメイクなど縁がないので難しいかもしれませんが、ゾンビメイクやスカルメイクの動画などを参考にして挑戦してみてはいかがでしょうか。

ゾンビメイクよりスカルメイクの方が、簡単に大胆なメイクが出来るかもしれませんね。

ハロウィン 仮装を簡単手作り!男(子供用)の作り方とは?

ハロウィンはどちらかというと子供がメインのイメージがありますね。


スポンサーリンク

仮装して近くの家を訪れ「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないとイタズラするよ)(イタズラかお菓子か)」と唱え、もらったお菓子でパーティーを開くという風習があるのを聞いているのでそう思うのかもしれないですね。

ハロウィンの歴史は古く古代ケルト人が起源だと言われています。

しかし、最近は元々の意味など関係なくなってきていますね。かぼちゃのランタンは、アイルランドからアメリカに伝わってからのもので、元々はカブをくりぬいて作られていたそうです。

ハロウィンの歴史や意味などあまり馴染みのない日本人ですが、クリスマスのように全国的に広まりパーティーを開いて楽しむということは経済効果的には良いのかもしれないですね。

保育園や幼稚園でもハロウィンの日にはお楽しみ会のように過ごすところが多いと聞きます。

家に帰って友達とパーティーを開くとなると仮装の衣装に悩みますよね。

子供なのであまり怖い仮装はしませんが、子供用の衣装をわざわざ買うのも勿体無い気がする親御さんも多いのではないでしょうか。

簡単に手作りできる仮装の衣装の作り方を調べてみると、身近にあるのもので作っている人も多いです。

百均で買った材料を工夫して衣装を作っている人が多いですね。

マントなども良いのですがミシンを使わなければならなかったりすると敬遠しがちですよね。

とても簡単なものは布を工夫して被るだけというものがあります。

また、ホームセンターなどに売っている黒い大きなビニール袋に頭と腕を出す穴を開け、裾をギザギザに切り体のところに紙で作った色々な模様をつけるだけの作り方もありますが、下手すると手抜き感が出てしまうこともあるので、安くて簡単に作る物だからこそ丁寧に作った方が良い物ができるかもしれません。

女の子は仮装もおしゃれに決めてくるかもしれないので、男の子は難しいですがあまり簡単にしすぎると女の子と差が出るかもしれません。

トレーナーにフェルト生地で模様を作り貼るだけでも楽しめそうですが、簡単すぎて仮装に見えないかもしれないですね。

本格的なハロウィンの仮装で怖がられるかもしれませんが、白のシャツを着て白のズボンを履いた上に、幅広の包帯をぐるぐる巻き紅茶で包帯にシミをつけ、顔に傷のメイクをするというものもあります。

あまり悩まず、子供用の衣装は色々な種類が売っているようなので、百均で買ったマントや衣装にちょっと工夫するというのでもいいかもしれないですね。

ハロウィンを子供が楽しく過ごすことが大事だと思います。

まとめ

年々加熱するハロウィンパーティーですが、仮装となると衣装をどうするか悩みの種ではないでしょうか。

簡単に手作りできる衣装を紹介しましたが、毎年流行の芸人の仮装をする人が多いので他の人と被る場合が多いですね。

今回は男の人の仮装を大人用と子供用に紹介してみましたが、動画やネットでたくさん紹介されているので、自分の好きなキャラクターの仮装やメイクに挑戦してハロウィンパーティーを楽しむことが一番かもしれないですね。


スポンサーリンク