街はもうハロウィンのディスプレイがしてあり秋とハロウィンが同時にやってきました。

年々ハロウィンのコスプレ衣装も凝ったものが増えてきましたね。

夜のパーティーなどは、子供だけでなく大人の方が盛り上がっているように感じます。

よりパーティが楽しい気分になるので、衣装にも工夫したいですね。

時間と予算を考えて、大人でもできる手作りで可愛いコスプレ衣装の作り方を女性編・男性編に分けて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ハロウィンのコスプレ手作り!大人の女性で可愛い方法とは?

ハロウィンのコスプレ衣装も毎年同じでは面白みがないし、かと行ってその年流行ったものをモチーフにすると着回しもできなくなりますよね。

大人になると、年代によって仮装の仕方も変わってくるでしょう。女性なら特に気を遣いますね。

しかし、年1回のコスプレ衣装ためにそんなに気合を入れてお金をかけたくない、けれども楽しみたいという気持ちはあると思います。

簡単に手作りで済ませることができたら悩みも少ないでしょう。では、コスプレ衣装を手作りするにはどのようにすればいいのでしょう。

20代は可愛いコスプレでも、かっこいいコスプレでも、男装でもなんでも似合いそうですね。

クローゼットの中に眠っている服やスカートなどを見つけて、あちこちハサミで切れ目を入れ、ちょっと汚れをつけてみたら、あとは顔のメイク次第でゾンビの仮装ができるでしょう。

紺や、黒の長袖ワンピースを持っていれば、頭に大きな赤いリボンをつけるだけで、魔女の宅急便のキキになれます。

30代は子供がまだ幼いと、ハロウィンパーティーにお呼ばれなどあるかもしれませんし、街のパーティーを見に行くこともあるかもしれません。

そのような時に、子供と同じ衣装にすると親子ペアルックで可愛いのではないでしょうか。

40代となるとあまり若すぎても浮いてしまいそうですし、脚を出したくないとか、体型をカバーできる衣装など考えるとなかなか難しいですよね。

キャラクターのコスプレは年代問わずできそうですが、ディズニーのお姫様よりも、魔女の方が映えるかもしれません。

40代のハロウィンパーティーは、どちらかというと路上で大騒ぎの中に紛れて楽しむというよりは、友達同士や、ママ友同士で楽しむことの方が多いかもしれないですね。

やはり、ロングワンピースが無難かもしれません。ワンピースに色々模様をつけたり、ビーズやスパンコールでキラキラ感を出し、幅広のハットなどかぶると魔女らしくなるでしょう。

口の赤さを強調したメイクや、アイラインバッチリにして目力を出すのもありではないでしょうか。


スポンサーリンク

女性は持っている服のアレンジで年代ごとに色々な仮装とメイクでハロウィン仕様にできるので、簡単に手作りの衣装を作れるでしょう。

40代の女性でも、それ用の服を持ち合わせていなかったら、1日だけの仮装パーティーですし思いっきりはじけてもいいかもしれないですね。

ハロウィンのコスプレ手作り!大人の男性で可愛い方法とは?

難しいのは、男性の大人のコスプレ衣装ではないでしょうか。20代はそれほど凝らなくても街の大騒ぎのパーティーに紛れることができます。

その時だけ寒さを我慢し、上に茶系のベストを着て下はカーゴパンツをはき、付けひげや流行りのタトゥーシール、ハットなどでワイルドさを出せば、海賊風のコスプレに見えます。

ゾンビなどはもし残っていたら学生の時の制服をアレンジしたり汚れをつけ、メイクでゾンビになりきるという手もあります。街で騒いでいるのは特に10代20代が多く、独身の30代、40代男性のコスプレはちょっと難しいですね。

まだそんなにハロウィンが定着していなかった年代なので、恥じらいの方が先に出てしまうことがあります。

しかし、会社などでハロウィンパーティーを開くとなったら、先輩として率先して場を盛り上げなければならないとすると、否応無しに仮装をして参加すべきでしょう。

いらなくなったワイシャツは使えると思います。赤い絵の具などで血のりのような模様をつけたり、ゾンビに襲われ自分がゾンビになってしまった役とか。

上下ボーダーのパジャマにボーダーの帽子をかぶれば囚人の仮装にもなります。しかし、家族で仮装するならば、子供に合わせたコスプレが無難でしょう。

毎年の定番ウォーリー、マリオなどは、親子や夫婦で揃えれば、かえって可愛いかもしれません。

海賊や、ヴァンパイアなどは、手作りする時間があればいいのですが、忙しい世代なのでそこまでと考えてしまうのではないでしょうか。

まとめ

年々派手になっていくハロウィンパーティーですが、若者だけでなく会社や友達付き合いで大人になっても仮装して参加する場合がありますね。

コスプレなどと難しく考えないで、気合い入れて肩透かしになるよりも、百均やディスカウントショップで必要最低限のものを買い家にある、いらなくなった服を上手にアレンジして、気軽に参加した方が楽しめるかもしれません。

大人でも可愛いコスプレは無難なものかもしれません。

女性も男性も恥じらいを捨てて仮装している自分を楽しめば、周りから見たら可愛いコスプレ衣装になる時もあります。たった1日ですが、大人になっても思いっきり楽しんでほしいと思います。


スポンサーリンク