箱根駅伝2022の順位予想・優勝候補!注目選手・区間エントリー

箱根駅伝(第98回東京箱根間往復大学駅伝競走)は、2022年1月2日、3日に開催されます。

昨年は駒澤大が大逆転で優勝しましたが、今年も駒澤大学は優勝候補になります。

そこで今回は、箱根駅伝2022の順位予想、優勝予想や区間エントリーなどを予想をしてみました。


スポンサーリンク

箱根駅伝2022の日程・開始時間

2022年の箱根駅伝は、2022年1月2日~3日の2日間の日程で開催されます。

開始時間は8時からでおそらくテレビの開始時間は、7時からになると思います。

箱根駅伝2022の出場チーム

箱根駅伝2022は、シード校と予選会を勝ち抜いた10校と関東学連選抜が出場します。

大学名出場回数優勝回数
シード駒澤大学56回目56年連続7回
シード創価大学13年連続26回目0回
シード東洋大学20年連続80回目4回
シード青山学院大学14年連続27回目5回
シード東海大学9年連続49回目1回
シード早稲田大学46年連続91回目13回
シード順天堂大学11年連続63回目11回
シード帝京大学15年連続23回目0回
シード國學院大學6年連続15回目0回
シード東京国際大学5年連続6回目0回
予選通過明治大学4年連続63回目7回
予選通過中央大学5年連続95回目14回
予選通過日本体育大学74年連続74回目10回
予選通過山梨学院大学2年連続35回目3回
予選通過神奈川大学12年連続53回目2回
予選通過法政大学7年連続82回目0回
予選通過中央学院大学2年ぶり22回目0回
予選通過駿河台大学初出場0回
予選通過専修大学2年連続70回目1回
予選通過国士館大学6年連続50回目0回

2021年の箱根駅伝は、駒澤大学が7度目の優勝、創価大学が準優勝でした。

2021年の予選会では、明治大学が1位通過。駿河台大学が初出場です。


スポンサーリンク

箱根駅伝2022の順位予想・優勝候補

2022年の箱根駅伝の優勝候補と順位予想をしてみました。

2021年は駒澤大学が大会新記録で優勝。2022年の出雲駅伝は、東京国際大学が優勝。全日本大学駅伝では、駒澤大学が優勝しています。

順位予想1位:駒澤大学

選手学年出身校
佃康平4年生市船橋
田澤廉3年生青森山田
円健介3年生倉敷
中島隆太3年生藤沢翔陵
東山静也3年生高岡向陵
山野力3年生宇部鴻城
青柿響2年生聖望学園
赤津勇進2年生日立工
赤星雄斗2年生洛南
唐澤拓海2年生花咲徳栄
白鳥哲汰2年生埼玉栄
鈴木芽吹2年生佐久長聖
花尾恭輔2年生鎮西学院
安原太陽2年生滋賀学園
佐藤条二1年生市船橋
篠原倖太朗1年生富里

全日本大学駅伝は、ベストメンバーではない状況でも連覇を達成しています。

エースの田澤廉選手、唐澤拓海選手、鈴木芽吹選手が順当にエントリーされれば優勝の可能性が高なります。

4年生は佃康平選手の一人で非常に若いチームになります。

順位予想2位:青山学院大学

選手学年出身校
飯田貴之4年生八千代松陰
髙橋勇輝4年生長野日大
岸本大紀3年生三条
近藤幸太郎3年生豊川工
関口雄大3年生豊川
中倉啓敦3年生愛知
中村唯翔3年生流通経済大柏
西久保遼3年生鳥栖工
目片将大3年生須磨学園
横田俊吾3年生学法石川
佐藤一世2年生八千代松陰
志貴勇斗2年生山形南
鈴木竜太朗2年生豊川
太田蒼生1年生大牟田
田中悠登1年生敦賀気比
若林宏樹1年生洛南

青山学院大学は、1万メートル28分台が10人以上で選手層が厚いです。近藤幸太郎選手は、青学記録を更新しています。

出雲駅伝、全日本大学駅伝では2位と後一歩でした。

今年は、エースの近藤幸太郎選手や岸本大紀選手が復帰できれば、駒澤大学と優勝争いできると思います。

順位予想3位:東京国際大学

 選手 学年 出身校
三浦瞭太郎4年生東農大二
野澤巧理4年生白鴎大足利
芳賀宏太郎4年生学法石川
丹所健3年生湘南工大付
宗像聖3年生学法石川
堀畑佳吾3年生清風
山谷昌也3年生水城
奥村辰徳3年生九州学院
ルカ・ムセンビ3年生仙台育英
イエゴン・ヴィンセント3年生チェビルベルク
林優策2年生滋賀学園
生田琉海2年生徳島科学技術
麓逸希2年生開新
白井勇佑1年生仙台育英
冨永昌輝1年生小林
佐藤榛紀1年生四日市工

東京国際大学は、2021年の出雲駅伝で優勝しました。

絶対的エースのヴィンセント選手以外にも丹所健選手など総合力は高いチームです。

区間予想2区のヴィンセント選手で1分以上貯金できれば良い結果を残すことができそうですね。

順位予想4位:早稲田大学

選手学年出身校
千明龍之佑4年生東農大二
太田直希4年生浜松日体
中谷雄飛4年生佐久長聖
山口賢助4年生鶴丸
河合陽平4年生時習館
室伏祐吾4年生早稲田実
安田博登3年生市船橋
井川龍人3年生九州学院
鈴木創士3年生浜松日体
佐藤航希2年生宮崎日大
菖蒲敦司2年生西京
辻文哉2年生早稲田実
栁本匡哉2年生豊川
諸冨湧2年生洛南
石塚陽士1年生早稲田実
伊藤大志1年生佐久長聖

早稲田大学は、中谷雄飛選手、太田直希選手、井川龍人選手の27分台がカギを握ります。

箱根駅伝1区、2区で27分台の選手を起用することで良い流れを優勝争いができると思います。

ただし、序盤で遅れるようなことがあれば優勝は厳しくなりそうです。

順位予想5位:東洋大学

選手学年出身校
宮下隼人4年生富士河口湖
柏優吾4年生豊川
及川瑠音3年生一関学院
大沼翼3年生東海大山形
児玉悠輔3年生東北
前田義弘3年生東洋大牛久
奥山輝2年生浦和実
兼原尚也2年生広島国際学院
九嶋恵舜2年生小林
佐藤真優2年生東洋大牛久
松山和希2年生学法石川
菅野大輝2年生姫路商
村上太一2年生北見緑陵
石田洸介1年生東農大二
梅崎蓮1年生宇和島東
小林亮太1年生豊川

東洋大学は、スーパールーキーの石田洸介選手が何区を走るか注目が集まります。

出雲駅伝では1年生で区間賞。全日本大学駅伝で区間賞を獲得しています。

箱根駅伝5区の経験者宮下隼人選手が区間賞を獲得したことがあるので、山登りで逆転の可能性があるかもしれません。

東洋大学は、石田洸介選手、宮下隼人選手、松山和希選手がカギを握ることになりそうです。

順位予想6位:順天堂大学

選手学年出身校
牧瀬圭斗4年生白石
近藤亮太4年生島原
吉岡智輝4年生白石
津田将希4年生福岡大大濠
伊豫田達弥3年生舟入
野村優作3年生田辺工
平駿介3年生白石
四釜峻佑3年生山形中央
堀内郁哉3年生花巻北
石井一希2年生八千代松陰
内田征冶2年生開新
藤原優希2年生水島工
三浦龍司2年生洛南
浅井皓貴1年生豊川
油谷航亮1年生八千代松陰
海老澤憲伸1年生那須拓陽

順天堂大学は、2021年の箱根駅伝のメンバーが8名残りました。

10000mの28分台が7名で選手層もなかなか厚いチームです。

注目選手は、東京オリンピック3000m障害で7位入賞した三浦龍司選手です。全日本大学駅伝でも10人抜きの区間賞でチームに流れをつくりました。

往路に三浦龍司選手を起用することで上位を狙います。

順位予想7位:創価大学

選手学年出身校
小野寺勇樹4年生埼玉栄
嶋津雄大4年生若葉総合
三上雄太4年生遊学館
永井大育4年生樟南
横山魁哉4年生島田
葛西潤3年生関西創価
緒方貴典3年生熊本工業
濱野将基3年生佐久長聖
フィリップ・ムルワ3年生キタテボーイズ
森下治2年生屋久島
山森⿓暁2年生鯖江
吉田悠良2年生利府
吉田凌1年生学法石川
野田崇央1年生開新

前回大会は、総合優勝まであと一歩で駒澤大学に大逆転を許しました。

今大会もダークホース的な存在でもしかしたら優勝争いをすることもあるのかもしれません。

順位予想8位:明治大学

選手学年出身校
 鈴木聖人 4年生 水城
 手嶋杏丞 4年生 宮崎日大
 橋本大輝 4年生 須磨学園
 丸山幸輝 4年生 佐久長聖
 漆畑瑠人 3年生 鹿児島城西
 小澤大輝 3年生 韮山
 加藤大誠 3年生 鹿児島実
 櫛田佳希 3年生 学法石川
 杉本龍陽 3年生 札幌日大
 富田峻平 3年生 八千代松陰
 三上晋弥 3年生 立命館
 児玉真輝 2年生 鎌倉学園
 杉彩文海 2年生 鳥栖工
 尾﨑健斗 1年生 浜松商
 甲斐涼介 1年生 宮崎日大
 新谷紘ノ介 1年生 世羅

箱根駅伝予選会1位通過で圧倒的な実力があることを証明しました。

箱根駅伝のメンバーが7名残っているので、上位を狙うことはできそうです。

序盤で遅れなければ上位に食い込むことはできるはずです。

箱根駅伝2022の注目選手14名

箱根駅伝2022年の注目選手14名を紹介します。

田澤廉(駒澤大学)
唐澤拓海(駒澤大学)
鈴木芽吹(駒澤大学)
近藤幸太郎(青山学院大学)
岸本大紀(青山学院大学)
イエゴン・ヴィンセン(東京国際大学)
丹所健(東京国際大学)
中谷雄飛(早稲田大学)
太田直希(早稲田大学)
井川龍人(早稲田大学)
宮下隼人(東洋大学)
石田洸介(東洋大学)
三浦龍司(順天堂大学)
吉居大和(中央大学)


スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました