美味しいものがたくさんある大阪で、スイーツ店の代表と名があがるのはやはり「五感」でしょう。

北浜駅から徒歩2分のところにある新井ビルの中に店があるのですが、レトロな建物の中の「五感」(北浜本館)の店内にあるショーケースの中には綺麗で可愛い美味しそうなケーキが並んでいます。

たくさんあるケーキのおすすめメニューが気になりますね。イートインもできるのですが予約はできるのでしょうか。

今回は大阪で有名なケーキ店「五感」の紹介をしたいと思います。


スポンサーリンク

五感のおすすめのケーキのメニューは?

「五感」(北浜本館)が入っている新井ビルは昭和2年に建てられ、平成9年に国の登録有形文化財として登録されている歴史あるビルです。

外観はレトロでかつ重厚なイメージがあり、店内に入るとたくさんのケーキがショーケースの中に並んでいて、西洋感が1階と2階の至る所で感じることができます。

特に2階の吹き抜けから見た1階の景色はとても素敵です。ケーキや焼き菓子のテイクアウトの他にサロンでイートインもできます。

サロンの営業時間は9:30から19:00までですが、サロンメニューで人気があるのは「モーニングフレンチトースト」648円・軽食で3種類ある「デジュネセット」Aセット1150円、Bセット1026円、Cセット972円です。

数量限定なので時間内でも完売の場合があるのでご了承くださいとのことです。

ランチタイムが終わると期間限定のデザートフレンチトーストやケーキが楽しめるのですが、特に数量限定の月ごとのデセール1080円は毎月内容が変わるので、オススメとして待っていても食べたいスイーツメニューだと思います。

ケーキの種類はたくさんあり、お米のお菓子として「お米の純米ルーロ」1本1001円、五感のマドレーヌ「ええもんちい」345円〜はお土産として喜ばれるのではないでしょうか。

純米ルーロの賞味期限は当日中なのでお土産として持っていった場合に贈り主に一言添えてください。

また、生菓子の中ではやはりモンブランの人気も高いですね。生のケーキなので賞味期限は当日中となっていますので気をつけてください。


スポンサーリンク

予約はできる?

「五感」(北浜本館)ではイートインできるよう54席の席数があるのですが、予約は残念ながら受け付けていないとのことです。

モーニングやランチ、3時のティータイムに利用する人が多く満席の場合は待たなくてはならないようです。

待つ時間がない時はテイクアウトにしてケーキを買い求める人もいますが、イートインはケーキだけでなくモーニング・ランチ・3時のティータイムともに美味しいメニューが揃っていますし、その場で食べるケーキの味は格別なものがあるのではないでしょうか。

テイクアウトでは、お土産として日本本葛入りクッキー咲凛や、懐かしいレモンケーキ檸檬燦などの焼き菓子は生ケーキより日持ちがするのでちょうどいいかもしれないですね。

生ケーキをお土産として持って行くならその日に食べなくてはならないので、贈る人や場所を考えて選ぶといいでしょう。

イートインでも、テイクアウトでも楽しめる「五感」のスイーツは、レトロ感のある新井ビルに入った時からワクワクしそうな雰囲気を持っていますね。

まとめ

大阪市中央区に位置し、地下鉄北浜駅からすぐのところにある歴史ある新井ビルの中に「五感」(北浜本館)はあります。

イートインスペースもあり、モーニングからティータイムまでおすすめメニューはたくさんありますが、満席の時が多く予約を受け付けていないので待たなくてはなりません。

もしイートインが満席でもテイクアウトでケーキを買って行ったり、お土産としてクッキーなどの焼き菓子も人気があるので、日持ちなどに気をつければ家でも楽しめるでしょう。

「五感」(北浜本館)は店構えも西洋館があり、その中で食べたり、お土産を選ぶだけでも素敵な感覚になるのではないでしょうか。


スポンサーリンク