不破聖衣来の進路は拓殖大学!出身高校・中学校・小学校はどこ?

陸上界に新たなヒーローが誕生しました。「日本陸上界の至宝」とまで言われているのが不破聖衣来さん。可愛いと評判を呼んでいます。

1年生にして、5000メートルでは主要なタイトルを総なめしていますね。10000メートルや駅伝でも大活躍です。

「拓殖大学のスーパールーキー」と呼び声の高い不破聖衣来さんですが、小学校や中学校の時の陸上記録はどうだったのでしょうか?

出身高校はどこなのか、また進路として拓殖大学を選んだ理由を調査してみました。


スポンサーリンク

目次

不破聖衣来の進路は拓殖大学!なぜ選んだ?


不破聖衣来さんは高校を卒業するとき、進路に迷ったと語っています。

結果として拓殖大学を選んだのですが、そこには大きな二つの理由がありました。

一つ目は、拓殖大学の五十嵐利治監督の熱意。五十嵐監督は不破聖衣来さんが高校一年生の時から注目していたそうです。進学するなら「人生をかけて獲りたいと思った選手」と明かしています。

五十嵐監督の「日本一ではなく、もっと先を見据えて世界で戦える選手にしたい。一緒に世界を目指して頑張ろう」という言葉に大きく心を動かされたと話しています。

もう一つの理由は、お姉さんと高校の同級生だった八田ももかさんが拓殖大学の主将を務めていること。小さいころから姉のように慕っていた存在だそうですよ。

この二つが進路を選ぶ上での大きなポイントだったのですね。

不破聖衣来の拓殖大学の学部は?

不破聖衣来さんは現在拓殖大学国際学部国際学科国際スポーツコースに在籍しています。

スポーツコースは「運動部に属しており、部の推薦があり、なおかつ国際学部が認めた者」だけが在籍できるコースとのこと。思いっきりスポーツに専念できる環境が整っているということですね。

拓殖大学の女子長距離部は2016年に設立。五十嵐監督が就任して、たった一人の部員から始まったとのこと。

監督は、ご自身も亜細亜大学の選手として箱根を走った経験の持ち主。故小出義雄監督のもと、コーチの実績もある方です。

青学の原監督は不破聖衣来さんの走りを「軽自動車にスーパーカーのエンジンを搭載している」と評しています。

小さな体で力強い走り、増田明美さんを思い出します。身長や体重もほぼ同じなんですね。

不破聖衣来の出身高校は?


不破聖衣来さんの出身高校は高崎健康福祉大学高崎高等学校・普通科アスリートコースを卒業しています。

高校一年生のときからインターハイや国体、ジュニア五輪などに出場し、全国区で活躍していました。

しかし、二年生になってすぐシンスプリント(脛骨過労性骨膜円)になってしまい、走れない日が続いています。

三年生の時はコロナ禍でほとんどの大会が中止になってしまいました。

アスリートにとって、こんなにさみしい結末はありませんね。

しかし、高校二年の12月に行われた5000メートルで高校ランキング1位となります。

加えてU20日本選手権クロスカントリー(女子6キロ)では2位に大差をつけて優勝!

きっと大会が開催されない間に着々と実力を蓄えていたのでしょうね。


スポンサーリンク

不破聖衣来の出身中学校は?

不破聖衣来さんは高崎市立大類中学校を卒業しています。

本格的に陸上を始めたのは中学校になってからだそうです。

中2の時に、ジュニアオリンピックB1500メートルで優勝。お姉さんも出ていたあこがれの舞台だったそうですよ。初めての優勝でとてもうれしく印象に残っていると語っています。

そして、中3の時、東日本女子駅伝でお姉さんとタスキをつなげたのもうれしい記憶だとか。姉妹でタスキをつなぐ、素晴らしいですよね。

中学時代にはトラック・駅伝・クロスカントリーにおいてほぼ無敵だったようです。

不破聖衣来の出身小学校は?

不破聖衣来さんの出身小学校は高崎市立中居小学校。

小学校の持久走大会に向けて、祖父と姉と一緒に毎日ランニングをしていたそうです。

お姉さんの名前は不破亜莉珠(ありす)。同じく陸上競技の選手として活躍されていますね。

せいら・ありすと聞くとハーフっぽいイメージを持ちますが決してハーフではありません。

祖父は元クロスカントリースキーの国体選手。一緒にランニングするというのも頷けます。

きっと、アスリートであるおじい様(こういう言い方をするのは抵抗がありますが)にしっかりと基礎を学んだのではないでしょうか。

不破聖衣来の家族構成!姉妹・父親・母親も陸上選手?


スポンサーリンク


目次
閉じる