ドコモ2017年最新CMご覧になりましたか?ドコモ25周年ということで作られた「25年前の夏」篇。25年間を振り返りながらも、娘がこれからの時代に向かっていくような内容になっていますね。

娘役の女子高生は誰が演じているのかネットで早くも話題になっています。また同じくデビュー25周年を迎えたミスチルとのコラボということで、デビュー曲などと一緒に未完成のデモ音源が使われています。新曲なのでしょうか。発売日など気になり調べてみました。


スポンサーリンク

ドコモCM 娘役の女子高生は誰なのか?

2017年7月10日から流れているドコモの最新CM、早くもネットで話題になっています。新会社NTTドコモになり25周年を迎えましたが、その25年をCMでは高橋一生さんと黒木華さんが夫婦になり、娘が17歳になるまでを物語のように表しています。

そして高橋一生さんの高校生時代をよく似ていると言われていた高杉真宙さんが演じていることでより話題になっていますね。懐かしいポケベルも登場し、ガラケー世代には懐かしい機種も見られます。

今の時代、子供から年配者までほとんどの人が持っている携帯電話、25年前は主にポケベルが主流でしたね。それから携帯電話といえばムーバの時代でした。時代の流れは過ぎてみるとあっという間です。それをドコモの新CMで感じます。

始まりは25年前の夏。17歳の高校生の時に2人は出会い、喧嘩しながらも楽しく日々を過ごし結婚。新しい家庭では娘が生まれ、子供の成長とともに育児と仕事の間での葛藤。そして月日は流れ娘は17歳になります。ちょうど反抗期ですね。

親子喧嘩しながら物思いに耽る娘。そして、25年前の夏の父と母のように娘は彼氏との待ち合わせとともに、これから始まる物語へと続いていきます。この娘役を演じている女子高生は誰なのか?気になりますね。

名前は、清原果耶さんです。三井不動産などのCMで注目されました。ファッション雑誌「ニコラ」のモデルを務め、女優としてはドラマ「あさが来た」「母になる」映画「3月のライオン」などに出演し、今注目を浴びる15歳の高校1年生です。これからますます活躍するでしょう。

清原果耶は芦田愛菜にそっくりなのか?清原和博との関係は親戚か?

清原果耶


スポンサーリンク

ミスチルの新曲の発売日や歌詞が気になる

NTTドコモが25周年を迎え、同じく25周年を迎えたミスチルとコラボしたドコモの新CMが流れた瞬間からネットでは早くも話題になっています。登場人物もそうですが、バックに流れるミスチルの曲は、懐かしいものからまだ未発表の曲まで3曲も流れます。

17歳の高校生黒木華さんがポケベルを持ちながら待ち合わせ場所に行く時に流れるデビュー曲の「君がいた夏」、社会人になり喧嘩しながらも付き合いを続け結婚し、大変だった育児を終え娘が反抗期を迎えるまで流れる「365日」、17歳になった娘が物思いに耽る時から、母親が17歳の時と同じシチュエーションの、彼氏との待ち合わせの時に流れる、まだ未発表の曲。

これは新曲なのでしょうか。たったワンフレーズなのですが、「離れた場所から何が見えるんだろう」という歌詞が耳に残ります。まだデモの段階で未完成ということもあり発売日などは決まっていないようですが、CMも流れたということで完成したらすぐに発売日なども発表されるでしょうし待ち遠しいですね。

CMに流れる「たった一つの歌や、たった一本の電話で、人生は大きく変わるらしい。」そして最後に「いつか、あたりまえになることを。」60秒間のCMで25年を感じることができ、あたりまえだと思っているこの日常は奇跡や偶然、必然の上にあるということ、今の生活には携帯電話と音楽は欠かせないものだとうまく伝えているでしょう。

また、7月18日からは“25周年記念ムービー”が流れるということで、予告編として流れているこの「25年前の夏」篇で見た所々気になる2人の様子のその全貌が見れるかもしれません。

まとめ

NTTドコモが25周年を迎えます。そして人気バンドMr.Childrenも25周年を迎えます。そこで生まれたドコモとミスチルのコラボCM。17歳の高校生同士が付き合い、大人になり結婚し、娘が生まれその娘が17歳になるまでの25年間を1本のCMにまとめているのです。

中でも娘役の女子高生は誰なのかと注目されていますが、ブレイク中の清原果耶さんです。また、デビュー曲や人気の曲とともに流れるミスチルの新曲と思われる「離れた場所から何が見えるんだろう」という歌詞の曲ですが、発売日はまだ決まっていないようで、発表が待ち遠しいです。ドコモもミスチルも25周年イヤーということで、楽しみな1年ですね。


スポンサーリンク