毎日倒れそうな位に疲れているのに眠れない。疲れを取りたいから眠りたいのに眠れなくて余計に疲れが溜まるなんてことはありませんか?

そのうちに眠れないことに段々とイライラしてきて夜中にお菓子などを食べたり飲んだりして、気づいたら体重が増えていたなんて事もあります。

体重が増えた事もストレスになりますます眠れません。

延々と続くこの負の連鎖、断ち切るにはどうしたらいいのでしょうか?もしくは、うつ病などの病が眠れない理由なのでしょうか?

眠れない症状が続くと、日常生活に様々な影響が出てきます。

朝起きる事ができなかったり、日中に眠気が襲い仕事や家事が出来なくなってしまったり。

だいたいの人がここまでくると「私、何か病気?」と思い始めるでしょう。そう思ってもすぐ病院に行こうとする人ばかりではありません。

「そのうち眠れるよね~」と放置してしまう人も多いと思います。ですが、ここで1度立ち止まって考えてみましょう。

眠れない以外にも何か最近変だなと思い当たる症状はありませんか?最近やる気が出ない…とか休日は何もしたくないから引きこもり状態…とか。

眠れないことが原因でこのような状態を引き起こしていたと思うかもしれませんが、実は違う病気が隠れているのかもしれません。


スポンサーリンク

睡眠障害の影に潜むうつ病!

眠れない理由としてうつ病が隠れている場合があります。ですので、日常生活に支障が出てきた段階で放置せずに病院を受診した方がいいでしょう。

診察かは心療内科や精神科をおすすめします。心療内科や精神科というと何となく敷居が高い感じがしますよね。

何となく誰にも知られたくないし見られたくないと感じるかもしれません。ですが、現在の日本においては昔と違って割と気軽に受診できる環境かと思います。

病院名もメンタルクリニックだったり、明るい感じの建物だったりするので、「風邪で病院に来ました」という気軽な感じで受診してみるのがいいでしょう。うつ病には様々な症状があります。

抑うつ気分(気分が落ち込む、憂鬱等)、思考力の低下(集中力の低下や注意力散漫等)、意欲の低下(趣味に興味が無くなったり人と接するのが億劫になる)を表す「こころの症状」と、睡眠障害(眠れない、夜中に目を覚ます等)、食欲の異常(食欲がない、食べ物がおいしくない、急に食欲が増す等)、疲労倦怠感(身体がだるい、ひどく疲れる等)、ホルモン系の異常(生理不順、性欲の低下等)、その他、動悸や息切れ、頭痛等を表す「からだの症状」の2つに分けられます。


スポンサーリンク

上記の症状を見てもわかる通り、うつ病になると眠れなくなってしまいます。言い換えると眠れない理由はうつ病かもしれないという事です。

うつ病=眠れないという仕組みがわかったらすべき事

不安な気持ちを抱えながら病院の扉を開け、「うつ病です」と診断されたらどうすればいいでしょうか?

眠れない原因がはっきりして心がスッキリした方もいれば、ずっと治らなかったらどうしよう…と不安になる方もいるでしょう。

この私がうつ病になるわけがない‼とか、私って怠けているのかな⁇とかいろいろな感情が溢れてくるかと思いますが、うつ病は心身が非常に疲れている状態で誰でも発症する可能性がある病気です。

眠れない症状を改善するにはうつ病を治療するのが一番の近道ですので、自分を責めたり、余計に落ち込んだりせずに、できるだけゆったりとした気持ちで治療を進めていきましょう。

うつ病の治療方法

まず、疲れたこころとからだを十分に休ませる必要があります。出来れば、仕事を休職したり家事を休んだりして一度頭の中を真っ白な状態にすると良いでしょう。

現実、休職するのはとても勇気のいる事ですよね。でもそこは勇気を持ってゆっくりと休養し病気と向き合って欲しいところです。また、服薬治療も行われます。

抗うつ薬という種類の薬が処方されるのが一般的かと思いますが、この薬には多少の副作用(頭がボーっとする、眠くなる等)があります。

たいていの場合、この副作用は1週間程度で無くなりますのであまり過敏になる必要はありません。安心して服薬治療を受けましょう。

その他、自分の考え方のクセを治す方法もあります。普段から物事をマイナスに考えてしまう性格の人ほどうつ病になりやすい傾向いあります。

無理やりポジティブに考える必要はありませんが、全てをマイナスに考える必要もありません。案外「なるようになるさ」くらいの考えが丁度いいのかもしれませんね。

まとめ

1.うつ病が眠れない理由の場合がある
2.うつ病だと診断されても慌てずゆっくりと治療をする
3.うつ病の治療が眠れないことの治療にもなる

ストレスだらけの現代、同じ症状や病気で苦しんでいる人が案外近くにいるかもしれません。

そのくらいうつ病が身近な病気になった昨今。

ぐっすり眠れる夜が続くよう、普段から運動や趣味などでストレスを発散させておきましょう‼


スポンサーリンク