仮想通貨をこれから始めるという人も段々と増えていくと思われます。

しかし、仮想通貨の種類はたくさんあり、何を買えばいいのか悩むでしょう。

コインチェックで買える仮想通貨は、ビットコインの他、リップル・イーサリアムなどのアルトコインは12種類あります。

噂では売買手数料が高いと言われているので、今回はGMOコインと比較してみました。また口座入金方法でも手数料が変わると聞きます。

便利なクレジットカードでの入金での手数料はどうなのか、コインチェックの手数料について調べてみました。


スポンサーリンク

コインチェックのリップルやイーサリアム、ビットコインの売買手数料は高いのか?

芸人の出川哲朗さんのCMでお馴染みの「コインチェック」ですが、CMで仮想通貨に興味を持ち、始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。

対してまだ躊躇している人もいると思われます。仮想という言葉がなんとなく引っかかるのかもしれませんね。

しかし、最近は電子マネーなどキャッシュレス時代になってきています。仮想通貨もただ購入して増やすだけでなく、仮想通貨での決済ができる店舗も増えてきました。

2020年の東京五輪に向けて国際的に通用する仮想通貨のユーザーは日本国内だけでなく海外でも増えると思います。

コインチェックでは12種類の仮想通貨を取り扱っています。それぞれに特徴がありどれを買うか悩みますよね。

ビットコインは仮想通貨の中でもメジャーであり価格の上がり下がりがよくニュースにも取り上げ挙げられます。

ビットコインの他の仮想通貨はアルトコインと呼ばれるのですが、リップルやイーサリアムなどもアルトコインに入ります。

コインチェックでのリップルの送金手数料は0.15XRP、イーサリアムの送金手数料は0.01ETHと、仮想通貨によって違いがあります。

見方が少し分かりにくいかもしれませんが、全て通貨記号で表されています。

コインチェックでの売買方法は、コインチェックから買う方法・クレジットカードで買う方法・売り板、買い板から買う方法があり、それぞれ手数料が違います。

売り板、買い板とは仮想通貨のトレードをする場合の情報になるものです。

この板を読めないとうまく売買ができないと言っても過言ではないでしょう。

コインチェックのサイトの取引所のページを見ると買い板・売り板の欄があり、瞬時にレートや注文量が変わります。

仮想通貨は株と違い365日24時間稼働しているので真夜中でも動き続けています。

コインチェックの売買手数料が高いと言われていますが、やり方次第で高くなったり、低く抑えることもできるということで、ネットでは色々な情報が飛び交っています。

確かにビットコインに比べ、リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料は若干高めかもしれませんが、売買していると手数料がかかり損をするということで、焦らず長い目で見ていればアルトコインの手数料も最低限に抑えられるようです。

高いという情報が先に立っているので尚更先入観もあるのではないでしょうか。

コインチェックよりGMOコインは手数料が安い!

アルトコインの手数料が「コインチェック」は高いとよく言われていますが、仮想通貨の取引所はコインチェックの他にもいくつかあり、それぞれに特徴があるので自分にあった取引所を選ぶのも一つの手かもしれません。


スポンサーリンク

ただ「コインチェック」は日本最大級の仮想通貨の取引所なのでセキュリティの面でも安心できますし、取り扱っているアルトコインの数も多く初心者向けにもオススメだと思います。

ただ、手数料が高いなどデメリットもあるので、他の取引所などもみてみるといいでしょう。

「コインチェック」と「仮想通貨FXも【GMOコイン】 ” rel=”noopener” target=”_blank”>GMOコイン」を比較してみましたが、そもそも「GMOコイン」は、取引所ではなく販売所なので売買の仕方が他の取引所とは違っています。

取引所はユーザー同士が注文を出しうのに対し、販売所は会社との取引となります。

しかし、GMOコインでも仮想通貨を買ったり売ったりできるので、取引所の一つとして考えられることもできます。

では、手数料などの大きな違いはあるのか調べてみたら「GMOコイン」での仮想通貨の売買手数料は無料となっています。

日本円の入金は銀行振込の場合自己負担になりますが、Pay-easyなど使うと無料ですし、出金の場合は手数料無料なので、他の取引所と比べると安いですね。

「コインチェック」と「GMOコイン」どちらもメリット・デメリットはありますので、自分にあった方を選ぶのも良いですし、少額で2つの口座を使い分けるのも有りかもしれません。

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

クレジットカードの手数料の価格は?

「コインチェック」の入金方法ですが、銀行振込・コンビニ・クレジットカード・Pay-easyでできます。

また日本円だけでなくUSドルでの入金も可能となっています。時間や曜日などで使い分けると良いでしょうが、手数料で考えれば銀行振込が一番おすすめです。

しかし銀行振込は時間が決まっているので、時間外は翌日になったり、土日祝日を挟むと2、3日遅くなってしまいます。

仮想通貨は365日24時間稼働しているので即日決済が平日だけというところは仕事で時間が取れない人には難しいですね。

次によく使われるのはクレジットカードでしょう。土日祝日や時間に関係なく入金できるのでどこでもいつでもと便利に入金できるからです。

しかし、販売金額に手数料が合わさってしまうので損をしない為にもよほどの場合でない限りクレジットカードを使うのは抑えた方がいいかもしれません。

まとめ

「コインチェック」は仮想通貨の大手取引所としてCMでもおなじみです。

ビットコインだけでなくリップルやイーサリアムなどアルトコインも12種類取り扱いがあります。売買手数料についてはアルトコインは多少高めかもしれないですね。

またコインチェックと比べるとGMOコイン
の方が手数料は安いです。

しかし取引所と販売所の違いもあるので自分に合った方法を選ぶのが良いでしょう。

入金方法は色々選べますが、クレジットカードは手数料が高くなるので、時間に余裕があればなるべく銀行振込をおすすめします。

アルトコインの手数料が高いと言われていますが、入金方法次第では抑えることもできますし365日24時間レートは変わるので、仮想通貨は焦らず長い目で見ていくことも必要かもしれないですね。


スポンサーリンク