キャセイ航空のスペルミスが話題です。

スペルミス画像やミスの原因や理由について調べてみました。こんなこともあるもんなんですね。


キャセイ航空のスペルミス画像!

キャセイ空港のスペルミスの画像になります。

「CATHAY PACIFIC」と描くところ「CATHAY PACIIC」になってしまいました。

飛行機なので、塗装したのを修正するのは大変そうです。

問題の写真は、香港国際空港に関連したフェイスブックのグループページを通じて出回った。なぜこれほど壮大なミスが起きたのかは不明で、動機を勘ぐる声も出ている。

同航空の子会社の技術者は、英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの取材に対し、「手違いにしてはスペースの取り方が完璧すぎる。我々はステンシルを使っているので、もし本当に手違いだったとしたら、文字と文字の間に空白があるはず」と指摘した。

一方、キャセイパシフィック航空の広報は、「もともと騒ぎを大きくするつもりはなかった。だが航空ファンの間で写真が広まったので、この愉快な瞬間を共有することにした」と話している。

英紙ガーディアンによれば、同機は中国のアモイを発ち、19日早朝に香港に到着していた。ツイッターでは、間違いに気付いたユーザーの投稿でうわさが広まり、「もしかして反対側は『CATHAY PACFFC』?」「笑いごとではない」といった反響が広がった。

キャセイ航空のスペルミスの原因や理由は?

キャセイ航空のスペルミスの原因や理由については、上記の記載でわかるように不明だそうですね。

Fの文字がなぜ抜けてしまったのかは現場の人でないとわかりませんが、誰か気づいても良さそうですけどね。

Iならわかるけど、Fなら忘れるか不思議とか行っている人もいますね。


スポンサーリンク