ここ何年かパンブームと言われ、高級な食パンから昔ながらのコッペパンまで行列に並んで買い求める人が増えているようです。

表参道にある「パンとエスプレッソ」は、テイクアウトだけでなくイートインもできランチも楽しめます。ランチメニューはどのようなものがあるのでしょう。

また、イートインの場合、席の予約ができるのか気になりますね。今回は、人気のカフェとパンの店「パンとエスプレッソ」を紹介したいと思います。


パンとエスプレッソ(表参道)のランチメニューは?

「パンとエスプレッソ」は店のネーミングセンスもよく、表参道によく似合う白を強調した店構えにロゴの入った紙袋や買い物袋も可愛いので人気店になるのもわかる気がします。

8:00から20:00までの営業時間とあってモーニングからブランチ、ランチを食べる人でいつもイートインスペースは混雑しています。

特に11:00からのランチ時は行列ができるくらいです。行列を見ながらのランチもあまりゆっくりできないのでテイクアウトにする人も多いようですね。

ランチメニューはサラダランチセット1000円(サラダ・パン2種類・ドリンク)とパニーニセット900円(パニーニ・サイドディッシュ・ドリンク)の2種類があります。

パニーニは3種類のパンとパンにあった具材がそれぞれ挟んであり、全部で10種類揃っています。

ランチタイムは11:00から15:00までなのですが、15:00から販売されるフレンチトースト目当ての客も多く、店内はウェイティングボードに名前を書く人でいつも溢れています。

ランチメニューのサラダセットのサラダは結構ボリュームがあります。

パンが2個だけなので物足りないかなと思いながら食べてみるとお腹いっぱいになります。

パニーニは10種類の中から選ぶので悩んでしまいそうですが、テイクアウトもできるので、すぐに食べたいものをランチで注文して、他の種類を家族と一緒に食べるためにお土産としてテイクアウトするのもいいかもしれませんね。

ランチメニューも人気ですが、パン屋ということで、「ムー」という食パンの人気が高くすぐに売り切れてしまいます。他にも玄米粉を使った粒あんパン「ロココ」、玄米粉の食パン「リーゾ」、「くるみとレーズンパン」などが人気商品です。

ランチメニューも人気がありますが、8:00から10:00までのモーニングセット、休日限定のウィークエンドプレートランチセットも人気があります。

お土産にパンを買って行くなら時間的に早めの方が売り切れもなく食べたいパンが買えるでしょう。人気のパンはすぐに売り切れてしまう時が多いとのことです。

予約はできる?

「パンとエスプレッソ」には店内のテーブル席とカウンター席に加え店外のテラス席合わせて29席あり、イートインの客でいつも満席状態です。

エスプレッソやカプチーノなどと一緒にパニーニのランチや、3時から販売される鉄板フレンチトーストをゆっくり味わいたいと思うのですが、店内には席が空くのを待っている人もいるのであまりゆっくり食べていると気が引けてしまいます。

混雑が当たり前のようですが、予約ができるか調べてみたら残念ながら予約の受付はしていないとのことです。行列ができるのも仕方ないですね。

ウェイティングボードに名前を書いて順番が来るまで待つしかないようです。

「パンとエスプレッソ」表参道店は場所的に入り組んだところにあり、行き方としては表参道駅を出て都道413号線を進んですぐのところにある歩道橋を右折し、原宿二丁目商店会「原二本通り」のアーチをくぐりまっすぐ進みます。

突き当たりに「そば処仙波」と「鞄屋SAC」がありますが、そこを左に曲がりしばらく進み、マツエクエステサロンのヴィーナスラッシュ表参道店の脇の道に入りまっすぐ進むと右手に「パンとエスプレッソ」が見えてきます。直線を進むだけなので道に迷うことも少ないかと思います。


スポンサーリンク

まとめ

表参道にある「パンとエスプレッソ」のランチメニューはサラダランチセットと、パニーニセットの2種類となっています。

イートイン席の予約は受け付けていないということで、ウェイティングボードに名前を書いて順番が来るのを待つか、時間がない人はテイクアウトにする人も多いです。ランチメニューだけでなく、食パンや玄米粉の粒あんパンなど数あるパンの人気も高いです。

午後3時からのフレンチトーストもパニーニなどと同じく人気メニューとなっています。

表参道駅から原宿二丁目商店会通りをぶらついた後は「パンとエスプレッソ」で美味しいパンとエスプレッソを楽しむのもオシャレかもしれないですね。


スポンサーリンク