簿記の勉強をゼロから始める人にとって、一番気になるのは

「簿記の簿の字も知らない初心者でも、簿記3級に独学で受かるの?」

ってところだと思います。

実際、多くの掲示板で、「初心者からでも簿記3級って受かりますか?」や「初心者なんですけど、おすすめの勉強方法やテキストってありますか?」といった質問が登場しています。

そこで、今回はそんな初心者さんがついつい知りたくなるような&知っておいたほうが良い情報をまとめてみました。

ゼロから勉強を始める参考にして下さい!


スポンサーリンク

これを知らないと始まらない、簿記3級の試験日(日商簿記)

簿記3級の試験は、毎年2月、6月、11月の年3回行われます。

何月の試験を受けるかで勉強スケジュールは変わってきます。試験月は頭に入れておくようにしましょう。

また、申込方法は「各地域の商工会議所」によって異なります、その点も注意が必要です。

ズバリ知りたい!簿記3級は就活で有利になるのか?

結論から言うと、資格単体でプラス評価されることはほぼありません。

というのも、実際の会社の実務で役に立つのは「簿記2級以上の知識」だからです。

簿記3級は、会計知識の入り口、基礎に当たる部分です。なので、「簿記3級を持っている=すごい!評価対象!」とはなりにくいのが現状です。

で・す・が。

では、簿記3級を持っていても全く役に立たないかというと、そうでもありません。

自分をアピールするためのネタになるのです。

例えば、面接で、「再来月に簿記2級合格を目指し、現在勉強中です」と主張したとします。

すると、「積極的に資格勉強をする真面目さ」をアピールできるかもしれません。

あるいは、「コイツはいずれ経理として役立つかもしれない」という印象を与えられるかもしれません。

これらの例はかなり極端ですが、こんな感じに「話のネタ」として活用できると、簿記3級という資格も無駄になりません。

簿記3級初心者

簿記の簿の字を知らなくても合格できる勉強法

簿記3級は、初心者で独学でも十分に合格を狙える資格です。

学歴が高いとか、頭が切れるとか、そういう特殊な背景も必要ありません。

「毎日家事子育てを行う専業主婦」や「営業畑で育った会計知識ゼロのサラリーマン」、「部活に勉強に追われる高校生」etc…

こういった人でも、きちんとした勉強法さえ行えば、必ず合格できます。

では、どんな勉強を行えばよいのか?オススメの方法を伝授します。

用意するものは、市販のテキストと問題集、そして過去問集の3冊。

そして、簿記の勉強の基本は<問題演習を通して理解を深めていく>だという事を脳裏に刻み込んでください。


スポンサーリンク

要するに ↓ のようなことが言いたいわけです。

テキストを何度も読んで完璧にする・・・(×)
テキストを軽く読んだら問題演習に移行・・・(○)

では続いて、効率的に勉強を進めていく流れを書いていきます。

テキスト1周目(2~3日以内)

理解度40~60%で良いので、とにかく一度最後まで読んでみる。

その時に、テキストに載っている練習問題も解いてみる。

★ここで4~5日とか時間を掛け過ぎないこと!

テキスト2周目+問題集1周目(7~10日以内)

理解度70~80%を目指して読んでいく。

問題集は、テキストの各テーマに対応させながら全部の問題を解いてみる。

★紙とペンと電卓を用意して、ガリガリ手を動かしていくこと!

テキスト3周目+問題集2周目(4~5日以内)

分かるところはサラッと復習し、分からなかった点・怪しい点を重点的に。

問題集は、上記同様、テキストに対応させて進めていく。

★問題集で躓いたら、テキストで理解を深めるチャンスです!

問題集3周目(2~3日以内)

分かるところは確認程度、理解の甘い問題を重点的に抑えていく。

記憶の怪しい部分は、その度にテキストで復習する。

過去問をガリガリ解いていく(試験日まで)

初めて解くときは、時間を意識せず、自力で最後まで解いてみること!

慣れてきたら、試験時間2時間に合わせて調整していく。

分からない部分、忘れた部分はテキストに戻って復習すること。

★計算ミスを軽んじてはいけません!計算ミスは訓練不足の証拠です。

以上が、私のオススメする勉強法です。

この勉強法は、<問題演習を通して理解を深めていく>という最初の方針に沿ったものです。

既に自分の勉強スタイルを持っている人もいるかもですが、実際に私もこれで合格していますし、何かの参考にしてみて下さい。

いきなり2級受験でも大丈夫?3級は受験しなくても良い?

こういう悩みもちらほら見かけるので、一応私なりの解答をしておきますね。

結論から言うと、「2級を視野に入れている場合は、必ずしも3級を受験する必要はない」と考えます。

簿記検定の制度として、飛び級で2級から受験することは可能ですし、当人に実力があるなら、3級を受けずに2級からチャレンジするのも大いにありです。

ただし、いきなり2級を受験する場合、4~6ヶ月黙々と勉強し続けることになります。

これは、勉強慣れしていない人、特に簿記をゼロから始める人にとって、かなり辛いものがあります。

このようなモチベーション維持(やる気管理)の点から、一度3級を受験しておくってのは良い作戦です。

まとめ

簿記3級受験者が気になるところをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

紹介した勉強方法は、正直他人にあまり教えたくない方法です。

というのも、簿記の試験だけじゃなく、様々な資格試験に応用の効く、かなり便利な勉強方法ですから(知る人ぞ知るってやつです)。

ぜひ、あなたの簿記学習ライフに役立たせてくださいね!


スポンサーリンク