仮想通貨がだんだんと世間に浸透しているのか、以前はあまり聞かなかった通貨の取引所での伸びが見られるようになりました。

2017年12月には「リスク(Lisk)」がビットフライヤーに上場するという噂が流れ、話題になりました。

この情報が流れたのが原因なのかリスクがかなり高騰しているようです。この高騰で今後の動向が気になりますね。

仮想通貨全体も活気付いているようなので将来性のある通貨なのかもしれません。リスクの今後の価格予想と将来性について調べてみました。


スポンサーリンク

リスク(lisk)がビットフライヤーに上場!

仮想通貨の「リスク」がビットフライヤーに上場したと噂が流れましたが、調べてみると上場するのではということで、まだ上場はしていないようですね。

しかしツイッターなどでも話題になるなど仮想通貨を始めている人からはかなり注目を浴びているようです。

2017年12月に入り、リップルやモナコインなどのアルトコインが値上がりしており、リスクも高騰をみせました。

リスクの高騰はビットフライヤーの上場という話で世界中で「リスク」を買っているからかもしれません。

しかし、ビットフライヤーに上場という話はまだのようですし、噂話かもしれません。

そのソースがどこから出たのかもいまいちはっきりしていない状況のようですね。

ただ、ビットフライヤーのCEOである加納裕三さんがツイッターで1月中に新規アルトコインを導入します。

何かはお楽しみ」という呟きをしていることで、「リスク」の名があがったのかもしれないです。

仮想通貨の普及が広まりつつある今、アルトコイン全体が各々高騰しているという話も聞きます。

ファクトムやトロンといった仮想通貨も注目されつつあり、現在どの通貨を買えばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

その中でも「リスク」がビットフライヤーに上場という噂も仮想通貨の普及が広まった結果かもしれません。

どの通貨を買うか悩んでいる人にも「リスク」は買っておいてもいい通貨かもしれないですね。

今後の価格予想と将来性

「リスク」がビットフライヤーに上場という話がでた影響なのか、2017年末から高騰しています。

仮想通貨全体的に2018年は普及率も上がり価格もそれによって上がるのではないかと言われています。


スポンサーリンク

価格が上がるとは、それだけその仮想通貨が多く買われるという事なので、人気がある通貨は買う人が増えそれだけ価格が上がるのです。

「リスク」も高騰を見せ将来性がある仮想通貨と言われています。

やはりビットフライヤーのCEOの加納裕三さんの言葉が気になるところですね。

今後ビットフライヤーに上場すれば「リスク」の買いも多くなり価格も上がっていくでしょう。

いまいちまだ不安だという人は1万円や2万円といった少額から始めるのもいいのではないかと思います。

先はどのようになるか誰もがわかりません。しかし、仮想通貨はこれからまだまだ将来性があると言われているので、購入した後もチャートを見ながら、焦らずに静観するのもいいのではないでしょうか。

コインチェックでliskが購入できる?

2017年に注目を浴びたアルトコインの1つである「リスク」ですが、高騰などの話を聞くと購入したくなるのが仮想通貨に興味を持ち始めている人ではないでしょうか。

では、どこで購入できるのか調べてみたら、日本国内ではコインチェックのみで購入可能となっています。

コインチェックはビットコインだけでなくアルトコインの取り扱い数が多くユーザーも多いので安定しているという点でも国内優先で購入したいと思う人にはおすすめします。

海外の取引所で購入する場合、「リスク」を安く購入できるというメリットがあります。バイナンスは日本語対応なので安心できるでしょう。

現在「リスク」を購入するならば、コインチェックがよろしいかと思います。

まとめ

仮想通貨の「リスク」がビットフライヤーに上場するという話がネット上で話題になっていますが、まだ噂の段階のようです。

ただ、ビットフライヤーのCEOの加納裕三さんがツイッターで思わせぶりなつぶやきをしているのが気になります。

現在日本国内ではコインチェックのみで購入可能ですが、ビットフライヤーでも購入可能になれば今後まだまだ価格が上がるかもしれませんし、将来性のある仮想通貨とも言われています。

仮想通貨も普及率が上がり今は噂かもしれませんが、人気の高い「リスク」なので近い将来ビットフライヤー上場があるかもしれないですね。


スポンサーリンク