三重県と言えば海の新鮮な魚介類に、松坂牛と、名物はたくさんありますが、伊勢神宮参りのお土産に欠かせないのはやはり「赤福」でしょう。

赤福本店で食べる出来立ての赤福餅はやわらかく、美味しさが違います。

赤福本店では、赤福だけでなく限定メニューのスイーツもあるようです。

連日全国各地から参拝と観光でたくさんの人が訪れる伊勢の名物お土産「赤福」本店での予約はできるのか、また営業時間など調べてみました。


スポンサーリンク

赤福本店の限定メニューは?

三重県伊勢市にある伊勢神宮は、お伊勢参りとして全国各地や海外から参拝や観光のために年間たくさんの人が訪れています。

また、伊勢神宮はパワースポットとも言われ女性の方も多く訪れるようになりました。よく伊勢参りのお土産としてNo.1にあげられるのが、赤福でしょう。

何度食べても食べ飽きない上品な甘さのこしあんに包まれたお餅は、どこにでもあるようで、しかし何かが違う美味しさがあります。お土産のイメージが強い赤福ですが、伊勢参りに行った時には赤福本店に寄り、できたての赤福餅を食べるのも楽しみの一つでしょう。

店頭にある3つの竃で沸かしたお湯で淹れた番茶といただく「盆」は、赤福餅2個入りで210円と量もちょうど良いですね。他の店舗でも赤福餅を食べることはできますが、本店はできたてを食べられます。餅は柔らかく餡の舌触りも違い味も絶品と言われています。

他にも夏には赤福氷というかき氷520円や、冬は赤福ぜんざい520円も人気のメニューです。

また、毎月1日限定の朔日餅は、元日を除く毎月朔日に月毎の餅菓子を販売しているのですが、お土産用を買い求めるための行列も凄く、前日午後5時から受付番号票が配布されます。

当日は午前3時30分から前日配布された受付番号表と引き換えに列整理券が配布されます。

4時30分から列整理券の番号順に並び、4時45分から販売開始となります。

前日に受付番号票を貰えず、列整理券を持てない方は最後尾に並ばないといけないのですが、商品が無くなり次第販売終了になってしまうので、毎月一日は朔日餅を買い求める行列が早朝から長く続くことでも有名です。

2月は立春大吉餅・3月はよもぎ餅・4月はさくら餅・5月はかしわ餅・6月は麦手餅・7月は竹流し・8月は八朔粟餅・9月は萩の餅・10月は栗餅・11月はゑびす餅・12月は雪餅となっています。

朔日餅は本店と東名阪自動車道EXPASA御在所上り線赤福茶屋の2つの店舗で頂けます。だいたい2個か3個入りで、値段は210円から310円まで月毎に違いがあります。

店舗内で食べる場合はそれほど待つことなく食べられるとのことです。また、三重県・愛知県・大阪府・兵庫県内にある直営店でも買い求めることができますが、予約方法や時間が本店と違います。赤福のHPで、朔日餅や赤福餅が食べられる店舗など紹介されているので是非チェックしてみてください。


スポンサーリンク

予約や営業時間は?

赤福本店の店舗内で赤福餅を食べる場合、できたてが食べられるとあって2個入り210円の「盆」を五十鈴川を眺めながら座敷に座って食べるのですが、席の予約は承っていないとのことです。

また、朔日餅の予約については、前日に受付番号票を貰いに行けないという人は、販売月の前月15日より本店か電話にて予約できます。

電話予約時間は15日は午前7時から午後5時まで、16日以降は午前8時から午後5時までです。

後日案内状(引換券)が郵送されてくるので、販売当日に案内状を持って、本店ではなく朔日餅予約引き渡し所の方に行ってください。

時間は午前11時から午後3時までとなっています。混雑を避けるために引換時間は予約の時に指定されるとのことで、時間厳守は大事かもしれないですね。

また、伊勢本店以外の直営店での予約は販売月の前月1日より予約開始となっています。

電話予約ではなく店頭での予約になり、予約票を受け取ったら、1日に予約した直営店にて予約票との引き渡しになるのですが、時間は正午から午後6時までとなっています。

午後6時過ぎるとキャンセル扱いになってしまうので、こちらも時間厳守が大事でしょう。もしどうしても午後6時過ぎるようであれば、電話で相談してください。

本店では行列が長く待ち時間も長い朔日餅の販売ですが、場所によっては予約次第で行列もなく買えるので、電話で問い合わせてみるといいかもしれないですね。

赤福本店の営業時間は、午前5時から午後5時となっています。(繁盛期時間変更有)場所は伊勢内宮前おかげ横丁にあります。駐車場がないので、公共交通機関を使うか、ツアーなどがおすすめです。

まとめ

伊勢参りのお土産といえば欠かせないのが「赤福」でしょう。食べ飽きない美味しさは長年沢山の人に愛されています。

できたては赤福本店でしか味わえないので、より人気があります。

赤福では赤福餅の他に毎月1日にしか販売されない朔日餅という限定の餅があり、予約客で長い行列ができることでも有名です。

また、夏はかき氷・冬は赤福ぜんざいを店舗で食べることができ、人気メニューとなっています。

営業時間が午前5時から午後5時と、伊勢神宮の参拝時間に合わせて早朝から営業しています。

是非伊勢に行ったなら赤福に寄り、できたての赤福餅を食べ満足して帰路についてください。


スポンサーリンク