2018年夏の甲子園ベスト4・準々決勝の優勝予想や組み合わせを紹介します。

ベスト8に残ったチームは大阪桐蔭、浦和学院、報徳学園、済美、日大三、下関国際、金足農業、近江になります。

ベスト4に残るチームや優勝するチームはどこになるのでしょうか?


【2018年夏甲子園】ベスト4・準々決勝の組み合わせと時間

2018年夏の甲子園のベスト4・準々決勝の組み合わせと時間になります。

準々決勝第1試合 2018年8月18日(土) 8:00

大阪桐蔭(北大阪) 11対2 浦和学院(南埼玉)

準々決勝第2試合 2018年8月18日(土) 10:30

報徳学園(東兵庫) 2対3済美(愛媛)

準々決勝第3試合 2018年8月18日(土) 13:00

日大三(西東京) 3対2 下関国際(山口)

準々決勝第4試合 2018年8月18日(土) 15:30

金足農業(秋田)対近江(滋賀)

【2018年夏甲子園】ベスト4・準々決勝の予想!優勝予想

2018年夏の甲子園のベスト4・準々決勝の予想をします。

夏の甲子園も残り8チームとなってしまいましたね。優勝予想は総合力No1の大阪桐蔭になります。その次は日大三ではないでしょうか。

以下ではベスト4をかけての予想をしてみたので何試合的中するのでしょうか?

第1試合 大阪桐蔭(北大阪)対浦和学院(南埼玉)

優勝候補筆頭の大阪桐蔭は柿木蓮選手、根尾昂選手、藤原恭大選手などプロ注目の選手がたくさんいます。

準々決勝までは厳しい試合になってきましたが勝負強さで勝ち進んできました。投手はエース柿木蓮選手、根尾昂選手、横川凱と毎試合先発が違っているので体力は温存されています。

打撃陣も強力で本来の力はまだ出せていないけど、準々決勝では本来の打撃ができれば勝利できると思います。

浦和学院は準々決勝まで無失点とプロ注目の渡辺勇太朗選手を中心に抑えてきました。2試合で15点も取っているので打線も魅力的です。

優勝候補がベスト4をかけて戦いますが、大阪桐蔭が勝利すると予想します。決勝戦でみたい試合ですね。

大阪桐蔭が勝利しました。

作新学院 1-3 大阪桐蔭
大阪桐蔭 10-4 沖学園
大阪桐蔭 3-1 高岡商

浦和学院 9-0 仙台育英
二松学舎 0-6 浦和学院

第2試合 報徳学園(東兵庫)対済美(愛媛)

報徳学園はドラフト候補の高校ナンバーワンショートと言われている小園海斗選手を中心に準々決勝まで来ました。

聖光学院戦では2塁打を3本打って勝利に貢献しましたが、愛工大名電戦では3三振と気になります。

報徳学園は総合力もあるのでチーム力で望みます。

済美は3試合とも接戦をものにして勝負強さをみせつけてきました。エース山口直哉選手が3試合で投げ続けているのでちょっと心配になってしまいますが、勢いでは報徳学園よりあると思います。

接戦になると予想されますが、報徳学園が勝利すると思います。

済美が勝利しました。

報徳学園 3-2 聖光学院
報徳学園 7-2 愛工大名電

済美 5-4 中央学院
星稜 11-13 済美
済美 3-1 高知商

第3試合 日大三(西東京)対下関国際(山口)

日大三高は強打の毎年強打の日大と呼ばれているチームです。2018年も3試合で28点と圧倒していますが、3回戦の龍谷大平安戦では4点と接戦でしたが、勝負強さで勝利しています。下関国際戦でも打線で圧倒するような気がしますね。

下関国際は正直ここまで準々決勝まで勝ち進むと思っていませんでした。1回戦、2回戦は逆転で勝利してきました。創志学園では好投手を攻略していますし、木更津総合は今大会優勝候補と予想されていましたが、そのチームにも勝っています。

ベスト8では一番勢いがあるチームだと思いますが、強打の日大三が勝利すると予想します。

日大三が勝利しました。

日大三 16-3 折尾愛真
日大三 8-4 奈良大付
日大三 4-3 龍谷大平安

花巻東 2-4 下関国際
下関国際 5-4 創志学園
下関国際 4-1 木更津総合

第4試合 金足農業(秋田)対近江(滋賀)

金足農業はプロ注目の吉田輝星選手を中心に勝ち上がってきました。3回戦の横浜線では4点取られましたが、2本のホームランで大逆転勝利しています。横浜高校戦では9回でも150キロのストレートを出す力もあります。

近江高校は、継投して勝っていますが、3試合で20点と打撃は好調なので吉田輝星選手との対決が楽しみです。

吉田輝星選手は3試合を一人で投げきっているので準々決勝では近江打線に捕まることもあると思います。しかし、ドラフト候補の意地をみせつけてくれるような気がするので金足農業が勝利すると予想します。

金足農が勝利しました。

金足農 5-1 鹿児島実
金足農 6-3 大垣日大
横浜 4-5 金足農

智弁和歌山 3-7 近江
近江 4-3 前橋育英
常葉大菊川 4vs9 近江


スポンサーリンク

まとめ

2018年夏の甲子園のベスト4・準々決勝の優勝予想や組み合わせを紹介しました。

2018年もあと8チームなので決勝戦まであと少しになってきましたね。

優勝予想は大阪桐蔭になりますが、勝ち上がってきた素晴らしいチームが集まっているのでどこのチームが優勝してもおかしくはありませんね。


スポンサーリンク